« 2009年9月 | トップページ | 2010年3月 »

2009年10月

2009年10月25日 (日)

あのとき、このとき

091025a

Line01

岡田外相の「お言葉」発言が、各紙で取り上げられています。
「陛下の思いが少し入ったお言葉がいただける工夫を考えてほしい」というものでした。

鳩山首相は、「陛下のお気持ちを推し量ることはできない。コメントすべきではなかった」と批判しています。

いまになって、こういう問題の広がり方、これはどうしたことでしょう。

鳩山首相は、国立追悼施設を建てたいと言っています。そのとき、
「靖国には天皇陛下も参拝されない。心安らかに行かれる施設が好ましい」と自ら心情に賛同いただいたかのように言っていました。

これこそ、天皇陛下のお心を無視したもの、しかも陛下のお立場を政治的に利用しようとした、ともとれる発言でした。

そのときは、どこの紙も、何の反応も示しませんでした。
この差は、どこから生じるのか、不思議な気がします。まあ、もの言うことの難しさは分かりますが

Line01_2

 

| | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

月光価千金

Meigetu_1

 

 Line01

月日は万人にめぐり、月光はひとしく降りそそぐ。

月明かりに佇めば、日常の猥雑な感情も漂白される。

清浄なモノトーンのなかで考えてみれば、

あれやこれやと嘆くこともない。

メディアのほんのひと言、なに程のこともない。

プロのしごとは、プロにまかせればいい。

自分も一介のプロではあるが、所詮、

井の中のことしか知らない。

 

 Line01_2

 

| | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2010年3月 »