« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月18日 (月)

夜光虫

110718c

瀬戸内の海は穏やかだった。遠いむかし友達と夜の海で泳いだ。
海に入り、波間に身を浮かべ宇宙遊泳のように手足を自由に動かせる楽しさ、海水の冷たさとやわらかな感触が楽しかった。手をいっぱいに伸ばして、海面に遊ばせると蒼白い光が、浮かんでは流れ、消えていく。

それは、一瞬の驚きの発見だった。暗い波間にいて、身体を動かすと突然、神秘的に光り始める。小さな蒼い光りの粒が乱舞するようだった。夜光虫を知った初めての体験だった。海の日に、郷里の海のことを、しばし想った。

 

| | トラックバック (0)

2011年7月 5日 (火)

歴史は繰り返す

110703c

Line01

善良なる市民、菅首相のやっていることは、われわれ日本人そのものを写し出しているのでしょうか。良かれと一生懸命にやってはいても、その結果として後に、思惑どうりには行かなかったと気づくなら、それは学習でしかありません。

予期しなかった学習は、その人にとって必要なものであったかも知れませんが、必ずしもみんなが同じく必要とするものでもなかったはず。
国の行く末にかかわることについて、市民の目線と国の目線は、異なるところ、その任にない人が独善的に進むなら、大いなる損失と遅れをとることになると思います。ブルータスお前もか・・、と言いたい。
かって、軍部の独走と避難したひともまた、その独走の道をとろうとするなら、同じ穴のむじなであったかと、われらが学習の身につかない、むなしさを感じます。

Line01_2

 

| | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »