« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月29日 (日)

確かな自信

120129a

 自信過剰は、道をあやまることもあって困りものですが、自信の無さは、それ以上に局面打開には遠く、元気の出ないのはどうしようもありません。いま、不意の困難にあっても、日本人は冷静で秩序がある、と世界から驚きと称賛の声がとどきました。言われて、びっくりです。

そう、日本人は、海の向こうと違って古くから識字率が高く、営々と築いてきた文化、礼節と寛容さに、もっと胸をはっていい、確かなものをもっていたのでした。ドラッカーは、「20世紀最大の功績は日本ではないか」と言っているのです。

思えば、アメリカ軍が進駐してきて以来、その憧れと喜びに反比例して、自信を無くしていったのが我々であったような気がします。自信を無くしたものほど、頑なです。
その最たるものが、一部の教組幹部であり、いくつかの新聞人、放送人ではなかったか、その感染の蔓延はいつまでも続くはずもない。いまや、心の中でうすうすと気づきつつあるような気がします。

 

| | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

天下国家のこと

120114a

Line01

 冷静な分析と判断は、客観的な見かたによって可能になる。そのような有能な資質をもって、国を思う人は、私欲をはなれ、大局的な見地と深い洞察によって事にあたる。そこには、勇気と責任感、潔さがある。なによりも清流のような高潔さと、この国に生まれた誇りがそれをさせる。

「民主主義」も「平和」という言葉さえない。そのような普遍的な言葉を、持ち出すまでもなく、その言葉の威を借る必要もないからです。日々の探求と思索を積み重ねを裏打ちに、ひたすら、この国の行く末を見ながら進むだけ。天下国家のことに邁進するとは、そういうことだと思います。
まして、「天下国家・・・」などと、恩を着せることなど、あるはずもないのです。

Line01_2

 

| | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »