« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月20日 (日)

核心的利益という虚言

120519a


 竹島や尖閣諸島は、日本人の精神文化を表している気がします。海に囲まれたがゆえに、われらが先人は、見果てぬあこがれとロマンを抱いて、はるか海原の向こうに雄飛したのでした。
より良いものへと向かう旺盛な探究心と勇気がそれを可能にしたのでした。その結果として無人島を有人島に変えていった歴史が刻まれた。歴史的事実として記録に残った。板子1枚下は地獄といわれます、おそらく、悠久の大地に住む人たちには、そんな海に出ていく必要性も意欲もなく、造船や漁労、操船の技術が育つはずもなく、無人島に足跡を残すような歴史は生まれ難いものではなかったか。

そういう意味で、竹島、尖閣諸島は、日本人にとって、進取と創造の気質ともいうべき精神文化のひとつの象徴だと思うのです。
ところがその尖閣諸島を中国メディアは、核心的利益だと言っているようですが、その言葉はなにやら、どら猫の匂いがします。

来日した世界ウィグル会議の議長ラビア・カーディルさんは、
  「中国政府はどこの領土であっても、『歴史的にわが国の領土』と主張する」
と述べたといいます。

まさに、おっしゃる通り。その中国が、濡れ手で粟の私欲をあからさまに、人のものを欲しがり、「利益」だと声高にいう品のなさは、どうだろうか。それはすでに”歴史的”という言葉が虚言であることを表しています。

 

| | トラックバック (0)

2012年5月 3日 (木)

動揺する内心

120503b


思いは正しかったのだろうか。信じてきたものは、ほんとうだったのか。良かれと思うままに歩いてきたのは、自らの心のなぐさめに過ぎなかったのかも知れない。あるいはどこかで、それと知らずに媚薬を飲んでしまったか。心に描き、求めてきたものが、実は媚薬の成せるわざ、そのままに流されていた自己陶酔なのかも知れません。

そう思うとき、空恐ろしい気がしますが、思えば、間違っていないと信じたものが、井の中の蛙、も同然であったならひそかに愚かな奴、とわらう人があったはず。それはもう滑稽でありあわれでしかありません。けれども、その声はすでに媚薬にむしばまれた身には、聞こえて来るはずもない。そんなことがあるのかも知れません。でも人生は、波のうねりに似て、いつの日かゆるやかにその波の頂に行きつけば、はるか遠くに広い世界が見えてきそうな気もします。

 

| | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »