« 逆の極端に向かう反省 | トップページ | 未だ覚めやらぬ夢 »

2012年9月24日 (月)

試される日本の力

120924a

奸知にたけた策略だったのでは、ないだろうか。中国の反日デモは、日本を威圧する目的のほかに、民衆による襲撃、破壊活動を背景に、無残な廃墟のような映像を世界に見せることだったのではないか。

ニュース映像は、世界をめぐり、仕組まれた彼ら民衆の演技の迫力は、虚偽であると、どれほどの人々が見破ることができようか。
”中国はほんとうに怒っている”、”これは日本が悪いに違いない”、と思わせる作戦としては、成功だった。それは中国の遠大な計画、自らの立場を優位にもって行き、日本をおとしめる意図をもってなされた。それが功を奏したかどうか、あるいは日本が逆手にとることができるかどうか、いま、日本の力が試されている気がします。

 

|

« 逆の極端に向かう反省 | トップページ | 未だ覚めやらぬ夢 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/55729059

この記事へのトラックバック一覧です: 試される日本の力:

« 逆の極端に向かう反省 | トップページ | 未だ覚めやらぬ夢 »