« 有数の都市の品格 | トップページ | 傲慢に対する素直さの反撃 »

2012年11月21日 (水)

未熟に意味あり

121118a


成熟とは、こどもが大人になったという意味、清濁あわせもつようになった、というほどの意味だろうと思います。それが「成熟した社会」となると、どこか堅苦しくていけませんが、コンサルタントや評論をしている中国の人のメールマガジンに、「日本は成熟した社会か」、という文がありました。

尖閣棚上げ論が思い浮かんでしまったのですが、「政権ごとに約束を無視する、国会議員でもない一老人に外交と国策を左右されるなど、日本は成熟していない社会」、ということのようです。約束はあったのかどうか、また約束など知らぬ顔というのもよくあるところ。それに、多様な考えの中で、これが正解というのは、難しいわけですが、それらを飛び越えて、だから日本は未熟とするところに、それは、こじつけというもの、何を言っているの、と思わせるのでした。

つまり、その人の不満が、日本は未熟と言わせているようなのです。不満というのは、良くも悪くも、力を生むようで、自論の正当化のために、もう、まじめに考えるのも面倒となれば、関係のないことでも無理に理由づけすれば、何とでもなり、それらしい論理ができあがる。まさしく、彼らの得意とするところでしょうか。
いやいや、そうではない、世のありさまに、こじつけなかりせば、1日も前にすすまぬ、理解も深まらない。すべて未熟なるものに意味あり、とすべきでありましょうか。

 

|

« 有数の都市の品格 | トップページ | 傲慢に対する素直さの反撃 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/56140994

この記事へのトラックバック一覧です: 未熟に意味あり:

« 有数の都市の品格 | トップページ | 傲慢に対する素直さの反撃 »