« 文化の高揚は強圧に勝る | トップページ | 読み間違った物語 »

2013年1月22日 (火)

弱点を餌食にする国

130120b

多くの者は、見え透いた策略と、気づいたが、誰もとめることはできなかった。中国のその策略は成功し、黒を白と言う、その強弁の正当化に加担することになった。鳩山元首相は中国を訪問した。選ばれて招待される身として、氏の胸中は大きく膨らむものがあったであろうが、おそらく策略に落ちるという文字はなかったに違いない。良かれと思ってしていることだ。

思うに、これは学習障害というか、人生経験において、インプットした知識を心の受容体が反応して成長すべきところ、何らかの欠陥のせいで成長が止まってしまったのではないだろうか。ひとは多かれ少なかれ、世の風にあたれば、身の不完全さというものを自覚し、答えを出すに迷い、注意深くもなるものを、氏には全く、その言動の適否も、結果というものも予測できないようだ。

日本は弱点を突くことを、いさぎよしとしない。弱者に対し、いたわりと憂愁の思いを抱く。一方、中韓は、相手の弱点を捉えるに敏であり、それを餌食にする。
それは動物的な本能ではあります。しかし、美しいものではありません。

 

|

« 文化の高揚は強圧に勝る | トップページ | 読み間違った物語 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/56598259

この記事へのトラックバック一覧です: 弱点を餌食にする国:

« 文化の高揚は強圧に勝る | トップページ | 読み間違った物語 »