« はびこる独善 | トップページ | 愚かなり、指し図という快楽 »

2013年2月27日 (水)

表れでる弱さ

130225a

身に覚えがあり保身に走れば、精神の安定はゆらぎ逆上することになる。取り乱し性急な反論は、説得性を失い、その狼狽ぶりは疑念を深くするものだった。結局、攻撃的な中国のもの言いというものは、弱さをあらわしている。

中国の報道官が「公然と隣国を歪曲して攻撃した」と言って怒ったのは、安部首相の、中国が領土紛争を起こす必要性があるという、一部ニュースに反発したのであったが、正しくは、反日、愛国教育が経済に悪影響を与える矛盾があり、大切なのは、そういう問題の根深さを認識することだ、というものだった。

そこで見えたのは、一応、良からぬ行為として彼らも認識しているのだったが、21世紀にもなって未だ、普遍的価値観を学び得ず、道義にもとる言動の数々、見苦しき悪口狼藉、裏返せばそこに弱さがあらわれる。

考えてもみよ、日本が何をしたというのだろうか。ふり返れば、感謝されることがあっても、恨まれる筋合いはない。中国にどう対応すべきか、という世論調査において、強硬な姿勢が42.8%だったと新聞が伝えた。

中国に対しては、ものを言わなくては、分かりはしない。彼らが逆上すればするほど、声が大きくなればなるほど、中国のその品位に照らして、実情があきらかになり、彼らは自ずと立場は不利になりつつある。

名誉と威信、先進国の正義と寛容をもって中国にもの言うべし、です。価値観の違いを漏出せしめ、非はいずれににあるか、世に問うべしです。恐れおののき、うやまってばかりでは、何も解決しないです。

 

|

« はびこる独善 | トップページ | 愚かなり、指し図という快楽 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/56832694

この記事へのトラックバック一覧です: 表れでる弱さ:

« はびこる独善 | トップページ | 愚かなり、指し図という快楽 »