« 井の中の蛙の秩序 | トップページ | 日本人であること »

2013年3月27日 (水)

いずれが調和か不調和か

130327b

イザベラ・バードは、汚れることを知らない気丈な女性だった。尽きない探究心を持ち、その行動力は、病弱の身を押して、健常者のそれを上回っていた。旅の手段は、主に人力車か馬にまたがっていたことを見てもわかる。明治11年6月、東京を立ち、日光、新潟を経て北海道を踏破し、「日本奥地紀行」を書いた。見たことをありのまま書いた、という。どちらかというと、生なましく、みじめで貧しいく汚く書かれた部分が多いけれど、透徹した目で、見た感情の動くままに書かれてあって、それでいてなお清々しい。

日本人ではなし得なかった、当時の風俗を細かにに記録し、貴重な書物になっている。先日、書店で、新刊本といっしょに平置きにしてあった、この1冊を見つけたのは、ほんとうによかった。

その中に、「実に大自然には不調和は存在しない」 と書かれている。轟く波の音も、カラスの鳴き声も調和しているという。

大自然を、調和と捉えたところが、すごい。人間社会のみが、不調和をつくりだす存在だと、それとなく思わせる。不調和は、心おだやかならず、逃げだしたくもなる。なぜに不調和がおこるのだろうか。不調和なかりせば、としたところで、そもそも不調和があってこそ、対比として調和があるのだから、男と女があるように二つは無くてはならない存在とも言えるか。しかしながら、いずれが調和か、不調和か、計る物差しはなく、互いの思惑は異なるのであります。

イザベラ・バードは、イギリス生まれ、明治11年5月横浜に上陸、12月には旅立っていった。47歳だった。

|

« 井の中の蛙の秩序 | トップページ | 日本人であること »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/57045648

この記事へのトラックバック一覧です: いずれが調和か不調和か:

« 井の中の蛙の秩序 | トップページ | 日本人であること »