« 1票の価値 | トップページ | 危険という言葉の曖昧さ »

2013年4月30日 (火)

育たない彼の国の品位

130501b

世の中には、理不尽なことがある。執拗な領海侵犯と威嚇、その品位のなさはどうか。そのやり方は、未成熟で前近代的、かさにかかって、知性の感じられない低俗性を思わせる。

良識あるものの靖国を思う心は、雑念も欲心もない。ただ純粋な心であるのみ。内政不干渉は、国際法上の原則であって、良識ある国の矜持でもある。日本が他国の内政に口出しすることは、寡聞にして聞かない。

だが、中韓はことあるごとに、われらの精神上の内心に、土足で踏み込み、彼らの心のゆがみ、そのままに真理からの飛躍と、決めつけによって、歴史への誠実という名のもとに、優越に浸ろうとする。

このほどの、韓国の国会における日本を糾弾する決議文は、「非理性的妄動と妄言」、という言葉を使って非難している。非礼の前に哀れである。そこには、その国の品位はない。妄動と妄言は、上からの目線の蔑視、曖昧にして感情的な浮薄であり、一国の公文書として記録するに堪えない。その言葉は、何やら、わが世の春を謳歌している精神病棟から聞こえてくるような声の、悲しみを感じるしかない。

中韓の靖国批判は、深遠な考えからきたものではなく、ある時点に味を占めたがゆえの、中傷を目的として悦に入る、動物的な低次元の感覚、進歩のない同じ手の繰り返しでしかない。けれども、内なる低次元もある。日本の代表紙である読売、朝日、毎日、日経は、そろって、その中韓の言動を是とするがゆえに、靖国参拝について日本の自重をもとめる考えを表す。

それが世論の流れをうながすのは、成り行きではありますが、いたずらに反応、あるいは利用して、彼らに利するのも、また新聞人である気がするのであります。新聞人の声は大きいのであります。

 

|

« 1票の価値 | トップページ | 危険という言葉の曖昧さ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/57281814

この記事へのトラックバック一覧です: 育たない彼の国の品位:

« 1票の価値 | トップページ | 危険という言葉の曖昧さ »