« 偉大な人の欠点 | トップページ | 歴史を冒涜するもの »

2013年7月29日 (月)

変化球でかわす

130729b

堂々としていることが肝心、そしてあっさりとかわすのがいい。できうるなら、正義の白刃の一閃で、ひやりとさせれば、なおいい。米国内のいわゆる慰安婦の碑の設置について、菅官房長官は、わが国の考え方と相いれない、政治、外交問題とすべきでない。と不快感を示しましたが、なすすべがないと言っているに等しいです。真正面から受け止めてしまっては、それこそ敵の思う壷にはまったも同然。

こころ狭きものは、人の不幸は蜜の味、とほくそ笑んでいるかも知れません。その碑の設置は、理不尽な怨念のなせるわざ、動機と目的の不純さは、知れています。そこにある碑そのものは、彼の国の文明国への遅れ、マナ-の悪さを象徴しています。自らが俗悪性を見せている何物でもないです。

米国人だって、それぐらいは気づくが、人ごとだから、どうでもいい、あるいは共に蜜の味を味わっているか、日本は何て外交下手なんだろう、ぐらいには思うにちがいないです。その少女は一体だれなのか、名前のある人なのか。望むのは、世の普遍的価値観の共有の道を歩んでもらうことです。

そこで、少なくとも、日本が言うべきは、その碑は、
「国際社会の規範に照らして理解されない。韓国の利益にならないだろう。」 ぐらいには、アッサリと、かわいて欲しいものです。そして、必ずや、韓国にとってその存在がじゃまになる日がくる。

サッカーの東アジア杯の日韓戦において、「歴史を忘れた民族に未来はない」と書かれた横断幕が掲げられた件においては、まさか客人へのマナーとは思えないです。もちろん日本には当てはまらない。韓国に対してはあまりにも正鵠を射ています。韓国も自虐史観を掲げた、という報道はなかったようですが、日本民族とは、あまり言わないから、これは韓国自身のことを暗に言っているのではないか。だとすれば、FIFAの規定に抵触する可能性は少ないです。たぶんです。

 

|

« 偉大な人の欠点 | トップページ | 歴史を冒涜するもの »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/57888741

この記事へのトラックバック一覧です: 変化球でかわす:

« 偉大な人の欠点 | トップページ | 歴史を冒涜するもの »