« 建設か搾取か、真実か虚妄か | トップページ | 日本への慈愛にみちた人 »

2014年3月26日 (水)

負のスパイラルの回避

140326a

ひとつのことが他に影響し、同じようなことが広がっていく。人はどうせ、あくせく働くのが精一杯、つぎのことをじっくりと考える余裕などないから、人のいく方について行くほうが楽です。そういう、よくも悪くも否応も無く、相互に影響をうける連鎖反応の輪の中で暮らしているのが現実です。ひとは連鎖反応の輪の外に置かれれば、生きていく希望を失うのは見えています。

安倍首相は、笑っていいとも、に出演して、「私がマイナス思考になると日本全体にも影響する可能性がある」と述べています。悲観的な考えを表にださないようにつとめているのでしょうか。それは悪い見本を見ている反発心からでしょうか。朴槿恵大統領はことあるごとに、日本にとっては定かでない、元の位置にもどって謝れと、口にこそ出さないが賠償しろ、といっているのが明白です。まるでそれしか知らないように、繰り返すのです。

それはそれで、韓国の人心が納得し、高揚しているのかも知れませんが、そういう自らが招いた道を、他者のせいにするネガティブで、偏重した思考や態度は、やがてマイナスの方向に作用すると思います。韓国の友好国はどこか、考えた方がいい。ものごとが安定するための条件は、その作用と反作用が同じであることが必要で、それが打ち消しあっての安定であるはずです。韓国では、反作用というものが出にくいということは、その激情の風土が、冷静さ飲み込んでいるのではないか、と思うのです。

 

|

« 建設か搾取か、真実か虚妄か | トップページ | 日本への慈愛にみちた人 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/59357775

この記事へのトラックバック一覧です: 負のスパイラルの回避:

« 建設か搾取か、真実か虚妄か | トップページ | 日本への慈愛にみちた人 »