« 不確かな未来の予測 | トップページ | 肯定的な日本人 »

2014年9月27日 (土)

過剰と欠如がまねくもの

140927a

 過剰は、いき過ぎであり、欠如は無知であります。それは時に人の情緒の起伏に表れ、波乱をよぶこともあります。誰しも人の過剰なるものには、閉口し、欠如にあえば疲れ果てます。欠如が過剰に走らせるのか、それとも過剰なるがゆえに、欠如にならざるを得ないのか、いずれにしても、過剰も欠如も、何となくうっとうしい。おそらく、それと気づかず、安らかならざる身の不安感が、過剰にさせるのかも知れないです。自らの欠如を知るものは、それが自制となり、過剰に走ることをしない。

しかし、韓国をみていると、欠如を知らず、言うこと成すこと過剰であります。厚顔無恥というか、あと先かまわず突っ走る。その行き当たりばったりという感じは、後に論理破綻をきたし、客観的な普遍性を失い、もはや聞くに値しないご都合主義に落ちる。

つまり、強制的を、強制性に変えるということは、まったく意味するところが違ってくると思います。何ごとも世の制約と自制によって秩序が成り立つことに照らせば、強制性というものは、世の中の約束に従うことであり、広く受け入れられているのです。納得づくであります。そうすることが良い結果になるということであります。まだ若かった彼女らは、親や家族を思い、自ら意思を固め、得心していたに違いないでありましょう。それなのに、いまになって、第三者が、強制性があったといっても、意味をなさないのであります。

韓国は手加減を知らない。そこに、つつしみというものが生まれえないのは、互いに容赦のない世界に生きているせいでしょうか。なんだか分からない、もやもやしたものを払拭しようとする表れが、反日に向かうのかも知れないです。その反日の、攻撃的な性向は、獣的であり、中傷は執拗で、内政干渉をも辞さない態度は、侵略的であると思います。彼らのもやもやしたものは、彼らがそれと気づかず、慢性的な精神不安症にかかっているのではないか、そのために、虚勢を張って、正常な判断を欠き、欠如と過剰に気づくことがないのでは、と思うのであります。

 

 

|

« 不確かな未来の予測 | トップページ | 肯定的な日本人 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/60383270

この記事へのトラックバック一覧です: 過剰と欠如がまねくもの:

« 不確かな未来の予測 | トップページ | 肯定的な日本人 »