« 独り占めの悪夢 | トップページ | 無知と不信と反逆 »

2014年10月24日 (金)

公器の美酒に酔うもの

141023b

 公器の美酒に酔うもの、その我意が害をなす。朝日新聞の間違いはどこにあるか、といえば、彼らが信じるところの正しい道を歩んできたところにある。懐疑を持たず、正しいと信じることのいかに愚かであるかがわかる。信じるというのは、情の産物であって、客観性もまた自己の判断によるものであれば、おおよそ、その正義とするものは、思惑と欲得がからんで大河の一点の水を汲んだに過ぎない。

朝日は、これからも正しいことは、言い続けなければならない、と言っている。そこが、間違っているのではないか。実はもともと、この世に、正しいことなどない。錯覚か、それと願望であってこれが正しいというものはない。正しく見えたのは、その目がそう見た、のであって他者の目は違うものを見ている。互いに見る景色の違いは、いかんともし難く、理解を超えることはよくあるところ、それは仕方ない。互いにその深遠の底に、いくばくかの真理を含むであろう。

しかし、公器をもつものが、自己に酔いしれてはどうしようもない。主張すること自体、それは自由だが、朝日の新聞としての間違いは、主張と記事との区別がないところにある。ニュース記事において、主張するところを強弁するために、記事を生み出そうとするところに、無理が生じる。つまり、記事そのものが、主張のための記事になり、事実から離れて主張の匂いがするようでは、もう記事とはいえない。全体に、公器を忘れた、わがもの顔の自社主張の宣伝新聞に成り下がる。そこに、正しいと信じる姿勢に、ゆがみが生じる。

世界に、日本を代表する新聞と言われながら、自ら日本を貶めるという、他の国から見れば信じ難いもので、実に罪深いものがあるが、その主張は何のためだったのか。いわゆる慰安婦に関する虚偽報道は、韓国の肩をもち、かつ日本への攻撃をしているのであったが、しかし、そんなに韓国のことを思うのであれば、彼らの資質を尊重して、日本が学んできた近代文明の普遍的価値と同等の中で見ることが必要だった。

それなのに、いたずらに、低次元に、彼らの情感に訴えることだけに終始したのは,じつに下品で、低級なやりかただった。日本を貶めた罪は深いといっても、日本への信は、そんなに揺らぎはしない。それに比べ韓国への背信は、それ以上に深いのではないか。大衆に媚びて、彼らを利用するだけで、しかも虚偽の植えつけは、彼らの歴史への懐疑の芽をつみ、歩みは遅々としている。害が害を生んでいる。

 

|

« 独り占めの悪夢 | トップページ | 無知と不信と反逆 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/60532791

この記事へのトラックバック一覧です: 公器の美酒に酔うもの:

« 独り占めの悪夢 | トップページ | 無知と不信と反逆 »