« 信念という病根 | トップページ | 妙案ありやなしや »

2015年2月28日 (土)

真実と虚構の落差

150226b

 水がゆっくりとしみこんでゆき、やがて新たなものが芽生えてくるように、ゆるやかに時間がたつほどに、心晴れやかな気もちにさせる。それが、台湾の映画、『KANO 1931海の向こうの甲子園』 だった。一丸となって目的を成し遂げようとする球児たちの物語。ラジオの実況は街に流され、かたずを呑み聴き入るひとたち、そして背景の美しさもあって、全編に息もつかせない緊張感があった。

単に感動物語というには、なにか違うようなものがあった。それが何であるのか、すぐには分からなかったが、実在の物語として、いまは遠く、かつての時間の中に生きた台湾の人々に、思いを馳せるとき、透き通った水のその純粋のような親近感が、心晴れやかにしてくれるのだった。ここに真実というもののやさしさと強さがある。それが、人々の明日への希望へとつながる。

その一方でここに、2014年9月に行われた国家主席の演説がある。『事実は事実であり、一切のでまかせや詭弁は徒労である。白黒をさかさまにするすべてのやり方は、最後にはすべて自分を欺き、他人をも欺くだけである』 つまり、日本を糾弾しているつもりが、うそはついにはわが身に返ってくる、という自己矛盾に落ちている。

その演説の中には、『大地は至る所地獄となり、村々は焼き払われ、虐殺され、女たちは蹂躙され、30万人が虐殺され、広大な長江が鮮血に染まった、人類の文明史上驚くべき暴行、これらは鉄のように動かぬ事実である』 なんという言葉の品位のなさだろうか。これでは人びとの心をつかむものがない。このような演説を聞かされれば、心ある人民の中には、フラッシュバックが甦り、かえって欺かれていると気づく人もいるのではないだろうか。

 

|

« 信念という病根 | トップページ | 妙案ありやなしや »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/61196829

この記事へのトラックバック一覧です: 真実と虚構の落差:

« 信念という病根 | トップページ | 妙案ありやなしや »