« 自分勝手は許されず | トップページ | 歴史の大地に根を下ろすということ »

2015年7月 6日 (月)

無情のつむじ風

150706a

 

 江戸時代の萩の城下町からはじまる明治日本の産業革命を成し遂げた先人たちは、熱い探究心と夢を持っていたに違いない。その新しい風を呼び起こした英知と労苦に、感謝するとともに誇りに思います。やっと世界文化遺産への登録がなって、よろこばしいかぎりです。

いまは飽食の時代、力のやり場を求めて闘争に走るものは、安保闘争から成田闘争へ、そして新たなる闘争の場をもとめて、けがれを知らぬ、青い海の沖縄にやってきた。それが沖縄の教育現場であり、基地闘争に走るものたちがいる。日本人だけでなく中国や韓国、その他海外からの人たちも混じっているという。それに肩入れする沖縄の新聞の二紙は、先人の名誉をけがし、無情のつむじ風を吹かせる。

日本軍が悪かった、民は悪く無かった、という二分法は、もともとは中国の工作、洗脳であり、日本人に贖罪意識をもたせることが目的であることがわかっている。その意に沿うような報道をする二紙は、その立脚点がまちがっている。沖縄タイムスの編集局長は、世論を動かしているのではなく、世論に突き動かされて報道している、といっていますが、その世論と称する大きな声というものは、あやしげなもので、かならずしも民意であるはずはない。

ものごとには裏がある。ただ闘争することが目的であり結果を問わないものたちに、民がだまされているとしたら、これほど嘆かわしいことはない。闘争するものが本心をあかさず、底にあるものは平和の名を借りて、善良な民をも巻き込んで、日本の弱体化をもくろむことにあるとすれば,信じることのむなしさがただよう。

二紙はつぶさなあかん、という民の声は、馬の耳に念仏か、それとも、つぶさなあかんほどに、広く知られてしまったことで、内心わずかに恥じるものがよぎるのであろうか。二紙の会見をみる限り、相手を非難するだけで、それはなさそうだ。

 

|

« 自分勝手は許されず | トップページ | 歴史の大地に根を下ろすということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/61839576

この記事へのトラックバック一覧です: 無情のつむじ風:

« 自分勝手は許されず | トップページ | 歴史の大地に根を下ろすということ »