« 虚栄という悲しさ | トップページ | 感情と打算 »

2015年9月23日 (水)

誠意ある未来がみえる

150923b


 流れのままに身をゆだねていれば、それもまた心おだやかというもの、けれども行く手に何があるか、よくはみえない。ただ、みんなと同じ道ということに安心感はある。
「メディアはものを壊そうとすることには熱心だけれども、ものを育てようという意識はないんでね」、と言ったのは石原慎太郎さんですが、一つの思い当たる風景のはめ込んでみれば、まさしくその通り。ほんの一秒足らずの映像に、人の心を動かす大きな力があることをメディアは知っている。

どこにもない理想というものに心ひかれて、ひとびとがなるほどそうなのかと思いはじめるのは、自然というものですが、現実にはないことをあるかのように思い描いて、それに触発されれば、感情はしだいに情念へと変化するのも、また人としてやむを得ずか。これはと思う著名人も安保法制に難色をしめします。法案の成立を評価しないが、半数を上まわるという結果です。

はたしてその大勢が、進むべき道であったのか。所詮、戦争ができる国にするなどと、未来のことは、そんなにはっきりと見えるはずもないです。それでも見えてくるのは、この国の未来において、ひとびとが誠意をもって成すであろうことは確かなことだと信じますね。いかに、人間なんて何をしでかすかわからないと言っても、独裁国でもない日本が、戦争をできる国にするという発想はどこからくるのか、おおよそ理解し得ず、信じ難いものです。

それは、国の行く末を案ずるというより、何かの意図をもってする策略に違いない。意を含む異邦人ならさもありなんというところ、いまの世に、自分だけ高みにおいて、いかにも戦争を始めると、自国民を卑下するひとたちの気が知れないのです。この国の人たちはそんなに向こう見ずであるはずがない、と思うのであります。

 

|

« 虚栄という悲しさ | トップページ | 感情と打算 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/62335855

この記事へのトラックバック一覧です: 誠意ある未来がみえる:

« 虚栄という悲しさ | トップページ | 感情と打算 »