« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

失われた時代の蘇生

151028b_2


 つき動かすものがあったとすれば、青春というものではないだろうか。かれは希望をもっていた。人生の中に泉から湧きでるごとく清心なものが流れていたにちがいない。日韓併合期ベストエッセイ集・鄭大均編(ちくま文庫)の中に、金素雲という人のエッセイがいくつかあります。いまとは違うそのときに流れていた朝鮮の新しい時代の息吹のようなものが感じられます。

民謡はこころのふるさと、豊かなこころの表れといわれます。あるとき、山田耕筰の事務所へ一週間も通い続けて朝鮮民謡の採譜してもらった。その出版記念会は、日本詩壇のベストメンバーが一堂に会した。新村出先生から、「今日は朝鮮文化にとって記念すべき年だ」と祝辞をもらう。またあるときは、「朝鮮民謡集」の出版に情熱をかたむける。北原白秋から、「こんな素晴らしい詩心が朝鮮にあったとはねえ!」と、たたえの言葉と激励をもらうが、出版社と衝突、北原白秋への恩讐を想う。

若きころ、不忍池を見わたせるところで屋台で新聞を売っていた。通りすがりの中学の一団に泥はねで新聞をだめにされ、中学校に行き抗議したが受け入れられず、そのことを都新聞に投稿した。
 「・・・誰が好んで苦学するや。濁流に逆らいて櫓をこぐ苦しみ。いつの日か、すべてをすて、流れのままに流されたき誘惑とも戦わざるを得ず。父母の膝下にあって安らかに学業を行う諸君に、ただ一日なりとて苦学の味を知らしめたし・・・」

その投書は思わぬ反響を引き起こした。「今日、みやこに書いたのあんたね。読んでて涙でたわ」 といいなが、三銭の新聞に5円を置いて立ち去ろうとする。追いかけておつりをやっと受け取ってもらった。そのあともいろんな人から、思いやりのこころざしをうけるが、同情を受けることが、言いようもなく恥ずかしく、いやだった。

しかし、いま過ぎてみると、少年のころの可愛げのなく偏屈だった自分が憎らしい、あのときの女性たちに、もし今逢ったなら百ぺんでも謝りたい心境になった。「あの、お宅にいる朝鮮人ねえ、みていてごらん。大人物になるから」という声も伝え聞いた。
ここに確かな時間が流れていた。日本語の言葉の妙味をよく体得し人となりが偲ばれる。金素雲、1907(明治40年)~1981年(昭和56年)。釜山に生まれる。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月24日 (土)

幻想と現実

151020a

 

 すべて、ものごとがうまく行けば、日本人の気分も明るくなっていくと思いますが,世の中はそんなにうまくはいかないわけで、何かにつけてわきから水を差すものがあります。
打算と身勝手しか持ち合わせないような、大統領や国家主席が率先してやるので無理もないのですが、その反日運動は、世界に展開し、幻想を現実として触れまわるという、いまだ文明国にあるまじきふるまいです。

寛容と正義など、生きていくために何の役にたつ、うそでも何でも大きな声を出した方が勝つ、力だけを信じるという古い体質のままに、低次元にすぎる価値観は、彼らの中では通用するかも知れませんが、世界はそんなにあまくないと思います。口からでまかせ、礼も恥も、そんなものは知らないというのでは、いずれ世界から信ずるに足らず、と思われる宿命にあるのは必定でありましょう。

バッキンガム宮殿に招かれたなら、それなりにふさわしい言葉のあるはずを、それもわきまえ得ずか、王室の前であることをはばからず、日本侵略者の暴行、という言葉を持ち出すにいたっては、品位はどこへやら、一同それぞれに祝杯も苦くなるはず。

彼らの言葉に信をおけないのは、第一にそれと定まるはずのないものを悪と決めつけている点、第二に不都合な事実を無視している点、第三に、攻撃的である点、第四に、根拠のない単純化した言葉でいう点、強制されたとか、昔からわが領土、とかいう自分勝手さはあきれるばかりです。いつまでそんなことをやるつもりなのか、気の毒に、もうわらうしかないです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月14日 (水)

虚像の記憶

151013a

 

 つくられた歴史的事件は虚像であり、史実ではありえない。必然とした確かな土台がなく、曖昧模糊として視界不良の中に立てられた虚像は、実体がない悲しさに、いつか崩れ落ちる運命にある。一つまた一つと事実を拾い集めてみれば、虚像があきらかになり、史実として定まることはありえない。だからしっかりと胸を張っていることが肝心だ。

ユネスコの世界記憶遺産として登録される、いわゆる、南京大虐殺というものは、彼らのプロパガンダであることが知れている。プロパガンダは策略であり、そのはかりごとは、誇張と虚偽に満ちている。その地において、双方が衝突する激戦はなかったことは明白で、力の差ははっきりしていた。規律をもった兵士たちに、必要もないのに、うらみのない市民への大量殺りくなどあろうはずもない。兵士たちに武士道の精神への共鳴はそれと意識しなくても流れている。中華の歴史の記憶のなかにかれらが想起するものがあったとしても、日本人にはそのような無益に殲滅するような因襲も発想もない。

多くの写真が証拠としてだされたという。しかし、写真というものはただの画像であり、多くを語らない。キャプションはいかようにもなる。多くの写真は日本に多数あり、複製も加工もいくらでもできることから、古文献なら知らず、写真は記憶遺産に値しない。証拠にもなりえない。

ユネスコに提出されて証拠資料を政府として見ることができない、ということであれば、その信憑性は確かなものとも思えない。事実でないことで貶められることは、われらの矜持にはげしく触れ、抑えがたいものがある。

大事なことは、一寸たりともひるまないことであろう。政府は史実かどうかに疑問を呈するが、中国を非難することはない。一方、中国は、脅迫する言論、誤った歴史観を暴露した、などと日本への攻撃に、論点のすり替えをする。まどわされてその手にのってはいけない。政治問題化して人心をかく乱するのは、彼らの常套手段、かれらの思うつぼだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月11日 (日)

繊細さと明るさ

151011a


 秋の夕暮れに山並みがくっきりみえるようになって、鳥のひと群が時おり飛んでいく。茜色の空に雁の列が小さくみえる。やがて日が落ちれば、虫の声も聞こえてきて、はたとその存在を思う。
これは枕草子の冒頭の情景ですが、「あはれ」と「をかし」、という言葉で情景の美しさを優美で繊細にとらえ、感動を表しています。

「あはれ」はものに触れたとき内面からでてくるのに対し、「をかし」は外から受ける知的で晴れやかな明るさをもつとされています。これが潜在的にもっている、日本人の、繊細と明るさという感性ではないでしょうか。

ノーベル賞の自然科学部門の大村さんと梶田さんの受賞は、喜ばしいものです。それはこうした和の心に代表される、悠久の伝統的なものに培われた資質があればこそだと思います。つきつめれば、自分がしていることが美しいかどうか、あるいは結果が美しいか、ということが、人を動かしていると思います。

無から有を生むのは、雲をつかむようで、並み大抵のことではありませんが、偶然が生まれることもあり、偶然は練磨に宿るのであり、独創は美意識があって開花すると思います。いかに人海戦術をもってなそうとしても、一朝にしてなることは難しいだろうと思いますね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 6日 (火)

感情と打算

151006e


 自らは成し得ないで公平と公正という、彼には多少とも自覚があるのか、その言葉の不条理にうろたえがみえる。国連の潘基文事務総長は、中国メディアの取材に対して、「一部の人々は、国連と国連事務総長は、すべて中立を守らなければならないという誤った考え方をもっている。守らなければならないのは、公平と公正である」 と述べています。

中立ではなかったと自覚した上で、正しいことをしているかのように、無理にごまかしました。抗日戦争勝利70年というが、実はまやかしの勝利であることを世界は知っている。もう、うそがばればれの式典に出かけて行くとはどういうことか。それに、”抗日”を冠した名の式典に出ることが、公平、公正であるはずがないです。いうまでもなく、国連の事務総長は中立がもっとも大切であり、そこに立たなければ、公平も公正もなり立たない。

公正を実践しないでいて強弁する言葉によって、その果たすべき責は自らに突き刺さり、ここにきて彼はもう倒れる寸前、もはや栄誉も何も期待できない。そのように流されていったのは、おそらく、その任としての資質が備わっていなかった。人が不得意とするところの客観的にものをみるということができないせいではないか。感情と打算が先に立ち、身分を私用することはよくあること。彼ひとりのために国連のイメージダウンを呼んだことは確かだと思うのであります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »