« すべてを肯定すれば道が拓ける | トップページ | 教養と知性と地下水脈 »

2016年1月29日 (金)

ものを壊して利を得るもの

160129a


 太宰治の「走れメロス」にでてくる王様は、人を信じることができない。それは民衆がそう教えてくれたのだと王様はいう。そして、いつも疑いの目を向けてだれかれとなく刑にかけてきた。不信が不信をよびそれが日常となっていた。芥川龍之介は、世論は常に私刑だ、といった。

ベッキーにまつわる現象は、それを思わせる。いかに報道の自由といってもそのスクープは、不信からはじまる動機が不純。大衆にさらされえじきになった個人は、ヘイトスピーチをはるかにまさり、受忍限度をとうに越えている。個人のみならずCMに関連する企業の損失は、絶大のもがあると予測される。いわば、スクープに端を発して経済の破壊を起こす。

一方、特だねを発したものは、自己の営利目的を果たす。方や莫大な損失を課せられ、方やそのことによって利益を得る。そのような、ひとの自由をも奪う権利が、だれにあるのだろうか。その権利があるのだとしたら、人の道にもとると思う。そのアンフェアは、どうしたものか。便乗によって利益にあずかろうとするものも、それに群がる。

私刑は、また常に娯楽である。というなら、それは人の身勝手というもの、もう、多勢に無勢では、なすすべもない。何食わぬ顔で、弱肉強食をするものがここにある。それが許す社会がある。
メロスは言う。

 「罪のない人を殺して、何が平和だ。」
 「だまれ、下賤の者。」

 王は、さっと顔を挙げて報いた。運命は必然でもある、メロスは、倒れながらも絶体絶命をきりぬける。たちあがれベッキー。

 

 

|

« すべてを肯定すれば道が拓ける | トップページ | 教養と知性と地下水脈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/63134244

この記事へのトラックバック一覧です: ものを壊して利を得るもの:

« すべてを肯定すれば道が拓ける | トップページ | 教養と知性と地下水脈 »