« 穏やかで味わい深い時間 | トップページ | 陽の光の中で »

2016年1月 7日 (木)

信じる道を進む

160107a

 日本人は、自らの不幸をさらしたり、取り乱すことは、不作法で、恥ずべきことと考える。悲運やみじめさをもって、同情を買おうとは思いもしない。やむなく表れたときは不調法しましたとわびる。そいう美学をもっています。

韓国の慰安婦問題への執着は、普通の感覚なら秘すべき自らの汚点を、駆け引きに利用するという特異の症状をみせています。このほど、日韓合意がなされましたが、産経新聞によると、ほんとうの解決には、「慰安婦は戦時下の貧困による悲劇だという不都合な真実」に両国が向き合うことが不可欠だ、という識者の意見が載っていました。しかしですね、必ずしもそうとは言えない面もあると思うのです。

貧困が真実なのか、悲劇が真実なのか、と思うのです。当時としては、それぞれに精いっぱい生きようとしていたのではないか。貧困というより、それが普通だった。商店などはなかった。職をもとめて本土にやってきた人たちがたくさんいた。そういう時代だった。いわゆる慰安婦とよばれる人たちも、したたかに生きる手段として、得た選択のひとつではなかったのか、つまり、合法であって、そうする方がよい結果を生む、身内においても、それぞれに納得の結果ではなかったのか、と思うのです。

また、これが肝心なのですが、悲劇という言葉の響きは、抗うことのできない悲惨な目に合わされたようなイメージがあります。それは遺された文献をみてもちょっと違うのではないか、と思うのです。詐術にはまってはならぬ。

しかしながら、日本が信じる道を進むことが、結局、韓国にとっても名誉回復になるだろうと思います。それは、長年によるファンタジー指向のあおりで、多分に誤解の上に立った情念にみえるからです。反日という目的のために、もうどうしようもない異なる世界に流されているような気がするからです。救われるべきは、世の潮流をみて、彼ら自身が気づくかどうかにかかっているからです。

 

|

« 穏やかで味わい深い時間 | トップページ | 陽の光の中で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/63016562

この記事へのトラックバック一覧です: 信じる道を進む:

« 穏やかで味わい深い時間 | トップページ | 陽の光の中で »