« そんな簡単に片付けないで | トップページ | 今に生きている友好の証し »

2016年3月28日 (月)

間違いという不遜

160328a


 冬の寒さもやわらぎ、やっと桜の花がさきはじめたけれど、空は陽をさえぎって薄暗く冷たい雨がふるのであります。それでも雲が流れていけば、明るい光が木立に射して影を落とします。澄んだ空の青さは、白く浮かんだ雲の対比によってあざやかになるのでございます。かぜ冷たければ桜もしっかりと咲いていてくれることでありましょう。

人間、無色ではいられない。いつの日にか見たり聞いたり、感性にピッと振れるものあれば、知らず知らずに人それぞれの色に染まっていく。その色は人によって、ばら色(あざやかな赤)であったり、さくら色だったり、それなりの美しさをもっている。その色たちは、時の流れをうつしてその色の自負と矜持を宿し互いにきそい合う。自らの色を大切にするのはよい。

それを基準にして他の人の色をみれば、違ったいろに見えて当然、それを間違っている、といってみたところで、ばら色はばら色であり、さくら色はさくら色なのであります。ひとのことを取り立てて言うほどに、間違っているわけではないのであります。

電波停止もありうるという発言に抗議するジャーナリスト、岸井、田原、鳥越、大谷、青木の各氏が海外特派員協会で会見したようです。その発言の趣旨は、間違っていることは、間違っていると批判しなければならない、というものでありました。

何んという不遜であることか、あくまでも自分に染み込んだ色を押し戻そうとする風が吹くのでありますが、寛容と偏見の無さ、つまり度量をもつものは、元より攻めることを好みませんが、その一方で、何かにつけて敵意をあらわにするものが内にあるのでありまして、誰しも思いのままにしたいという欲望には勝てないのでありましょうが、ある程度、理性より欲望が優先するのは、しかたがないとしても、少なくともこの国に生きて良かったという思いは持ちたいものであります。

さきの大谷氏は、海外特派員の方々に対して、こういうひどい状況にあるのが、日本の言論なんだということを世界に発信していただくことを切に願う、とおっしゃっているのであります。じつに、しのぶれど色に出でにけりであります。ふつうの人が何となくもっている常識と、ジャーナリズムが常識なのか知らねども、その摩擦が弱体化をまねき、第三者の利することのないように望むばかりであります。

 

|

« そんな簡単に片付けないで | トップページ | 今に生きている友好の証し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/63404187

この記事へのトラックバック一覧です: 間違いという不遜:

« そんな簡単に片付けないで | トップページ | 今に生きている友好の証し »