« 正しいと信じるなら堂々と | トップページ | 見果てぬ夢のつづきを »

2016年4月29日 (金)

失った良心の蘇生

160429a


 良心とは、他者を思うことである。自己の存在は、他者の存在によって成りたち、その良心は善を知り、道徳意識を養って、ひとの人格に影響するもの、普段それと意識することなく、心の深いところにそれはあって、あまり表にはでてこない。打算は、わが身のかわいさにあり、変化する世のかかわりの中で、スピードが必要となる。それゆえに、こころのごく浅いところにある。良心を失って、打算に走れば、ひとは形ばかりの中身のないむなしいものとなるのではないでしょうか。

オバマ大統領が、広島を訪問することになれば、それは人類への平和への願いを共有することの表明であり、そのことに異をはさむ余地はないように思います。けれども、なにやら打算に走って反対するものがあるようです。韓国のメディアは、オバマ大統領の広島訪問によって、日本が被害者のように見られはしないか、と反対しているということですが、どこか動機が不純な気がします。

不思議な発想をするものだと思いますね。われらは、憐れみを乞うように、被害者であることで、優位に立とうなど、思いもしない。何か時代おくれの感じがするのです。韓国は、アジアでいち早く夜明けを迎えたのではなかったか、時代の変わり様を目にすれば自ずと、価値のちがいに気づくはずを、いつまでも古い殻からでられない。世界の多くの人たちとのかかわりの中にあって、おなじ価値観を共有している、という自覚があるのだろうか。

もし、そういう意識がないのであれば、その発想の屈折したような心理は、どこからくるのだろうか。ひとは良心に基づいて行動すれば、何ごとも進歩していけると思うのですが、おそらく、ながく厳しい風土の中で良心というものを抑えてきたがために退化したのかも知れないと思うのです。その蘇生は容易なことではないでしょうが、いつか自ら気づき、その努力の如何にかかっているように思うのでございます。

 

|

« 正しいと信じるなら堂々と | トップページ | 見果てぬ夢のつづきを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/63552718

この記事へのトラックバック一覧です: 失った良心の蘇生:

« 正しいと信じるなら堂々と | トップページ | 見果てぬ夢のつづきを »