« 道具と化す言葉 | トップページ | 感謝の気持ちを忘れない »

2016年5月 9日 (月)

一瞬に過ぎる新緑

160509a


 空には白い雲が流れ、樹下には涼しくさわやかな光がゆれています。萌え立つような若葉は、滴るようにして、うるおいを含んだ空気をあたりに満たしています。ゆったりと、しかも明るくここちよい時間が流れます。その、若葉色のみずみずしい景色は、ほんの一瞬のできごとのように、数日にして通りすぎてしまうのです。木々がいま生まれ変わって、生き生きとする自然の生命力のいぶき、若さに輝く時間でありましょう。
箱根の噴火の警戒レベルが下がって、大涌谷の黒たまごは、ながい間の売り上げゼロからやっと抜け出したということです。5個入りの袋が、2000袋以上売れるまで回復した、ということです。箱根にはなくてはならない風物詩のひとつが甦って、なんとなくうれしいニュースでした。硫黄の匂いが漂う中で、あの熱々の黒たまごは、また格別な味がしたものでした。

 

|

« 道具と化す言葉 | トップページ | 感謝の気持ちを忘れない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/63597691

この記事へのトラックバック一覧です: 一瞬に過ぎる新緑:

« 道具と化す言葉 | トップページ | 感謝の気持ちを忘れない »