« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月29日 (日)

ゆるやかに何かが変わる

160529a


 広島で行われた安倍首相とオバマ大統領の演説のあと、だんだんと時間が過ぎるにつれて、じわじわと時代が変わっていくのではないかという気がします。象徴的なことは、広島を記念碑的な遺産としてではなく、未来への道標というようなイメージをもち始めたことではないでしょうか。

オバマ大統領の演説は、つぎの言葉で締めくくられています。「広島と長崎は、核戦争の夜明けとしてではなく、われわれの道義的な目覚めの始まりとして知られなければならない、そうした未来をわれわれは選択する」 と、つまり、いまこそわれわれ社会の普遍的な価値に目覚めるときだ、ということでしょうか。歴史を直視するというのも中々むずかしいことですが、それでも、お互いにしっかりと未来を築いて行こう、ということだろうと思います。

そう思いながら、思い出すのはチャップリンの映画です。かつてチャップリンは、映画『独裁者』の終わりのところで演説をしています。それは、オバマ大統領の演説の流れに通じるものがあるように思います。

 「・・・発明品は本来ひとに戒めをもとめているのだ。・・・国家間の障害を取り除こう。偏見をやめて理性を守るんだ。そうすれば、科学も幸福を高める。諸君、持てる力を集めよう。ハンナぼくが分かるかね、どこにいても元気をお出し、・・・元気をお出しハンナ、人はまた歩き始めた。行く手には希望の光が満ちている。未来は誰のものでもない。僕たち全員のものだ。だから元気を・・・。」(邦訳の字幕より)

 オバマ大統領の演説は、ゆるやかにいまの流れをかえる契機になるような気がします。そのキーワードがモラルかもしれません。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月24日 (火)

要求よりも期待を担って

160524a



 持ちつ持たれつまあ仲良くやってきた。日本とアメリカは、これまで経済であれ技術であれあるいは文化の面でも同じ価値観をもって交流してきました。それは少なからず、いまの互いの繁栄をもたらしたのは確かでありましょう。経済力は、1位、2位を占めていたこともありました。仲のよい友だちといっていいと思います。

オバマ大統領は、謝罪すべき、という人もいますが、それは少数でしょう。70年が過ぎたのです。招待した友だちにむかって、何代も前のこと、あの時ことを謝罪して欲しい、というのもいまさら、おとなげない気もするのでございます。だまっていては、日本は原爆を不当と思っていない、と誤解される、という人もいますが、ひろしまとながさきという都市で起きたことは、世界が知っています。それをどう受けとめるかは、それぞれでありましょう。

言葉はちょっと気をつけないといけないかも知れませんが、謝罪というのは、いや応なく上と下に分けてしまいます。謝罪というものは言われても、むなしいものです。謝罪は要求するものではなく、それとなく時間をかけて受け入れるものでありましょうか。そして次第に自ら浄化されていくものでございましょう。

いまや世界は、パワーだけでは進めない時代になりつつある気がします。こんなところに日本人が、という番組がありますが、歴史と伝統に培った価値観が、かれらをそうさせているのでしょうか。それを見ながら、もしかしたら、かれらが、トップランナーかも知れないと思うのでございます。だとしたら、いずれ答えはでてくるでありましょう。だから期待にそうようにそれぞれが、日本人らしく進めば大丈夫、と思うのでございます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月20日 (金)

おごりが虚栄のはじまり

160519a

 

 自己を客観視できなければ、盲目に等しい。歴史は茫々とした中にもロマンもある。歴史は、じつに複雑、多様であり、不遜にも私有として掌中にできるはずもない。かつて、朴槿恵大統領は、舛添都知事を前にして、つぎのように言ったのでした。「一部政治家の言動で両国関係に難しさが出ているが、正しい歴史認識を共有し、関係を安定的に発展できるよう努力をお願いする」 と、あのころ、歴史認識という言葉を金科玉条のごとく、くりかえすのは、泣く子のようにあわれでありました。

そうかといって、それに同調していては、彼らはそこから脱することはたぶんできない。それを許していいわけはないと思うのです。かれらの悩みは、かれら自身ではおそらく解決できはしない。何らかの外の世界をみることによって、何かをつかんだときに、おのずと光が見えてくるのではないかと思うのです。そういう意味で、朴大統領に一方的に、日本は努力せよ、と言われていることに対して、なんらかの反論をしておくのが、多様を知らしめる彼らへの親切ではなかったと思うのです。

舛添さんはそれについては、何もいわなかったようです。逆に、その折、朴大統領に乞われて、韓国人学校の用地として、都立高校の跡地を提供することを約束したのでした。それが、虚栄のはじまりではなかったか。東京都にある韓国人学校は、定員割れと言われています。必要性が問われているようです。ソウル日本人学校もお世話になったのだから、いいのだとする理由づけもあるようです。

そういう理屈も成り立つかも知れません。しかし、それは一面に過ぎないでしょう。舛添さんという人、いろいろな理屈がでてきますが、そんな理屈が通るほど世はあまくないでしょう。秀才であるほどに自己の客観視はむずかしいのか、あきれるほど、たががゆるんでいる。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月16日 (月)

危うし自己陶酔の道

160516b

 

 心やさしいくらしをしてきた人たちは、やさしい言葉をもっている。非道なことをしてきた人は、非道な言葉が簡単にでてくる。エリザベス女王の、中国のひとたちは、「とても非礼でした」、というひと言が報道されました。習近平国家主席の訪英時の警備については、中国があれこれと注文をつけていたと伝えられます。

すぐさま、中国のメディアが反応しましたが、非礼という言葉には、あらがう術がありませんでした。中国メディアが、西側のメディアはゴシップ狂で、野蛮で粗野、とほこ先をずらし、返って事を大きくしたのではないでしょうか。西側メディアを指して、「牙をあらわにして爪をふりかざし、きわめて自己陶酔的で、野蛮人」、という発想は、かれらの風土に染みついたものが、簡単にでてきたとしても、おかしくない気がします。

中国文明が至上であり、それ以外は野蛮、というおかしさは、どうしようもないです。中国メディアは、つづけて、「5000年つづいた東洋文明に、彼ら(西洋メディア)が絶えずさらされるにつれて、彼ら(のマナー)も進歩するだろうと信じている」、とのべています。時代遅れの夢想というか、本音がでている気がします。

「・・かれら(のマナー)も進歩するだろうと信じる」、というこの言葉に表れた中国の本音は、自由よりも、法よりも、民主主義よりも、そして人権よりも、われらの優れた支配階級による全支配こそが、秩序というものであり、最高の価値だと考えている。世界がそれに従うのが、進歩したマナー(礼)だと、ほんとうに信じて疑わない。

つまり、下から目上にたいする礼はあっても、上から目下のものへの礼というものはない。だから非礼に気づくはずもない。もうつきあいきれない気がします。危うし中国、そこに道はないと思いますよ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月13日 (金)

感謝の気持ちを忘れない

160513a


 しなやかで優美、感受性が高く自己顕示欲がつよい。名前は、マハシャイ・マミオ。タイで一目で気にいってつれてきた。向田邦子が可愛がっていたねこは、ひとつの部屋をあたえられていました。突然、あるじを失って、思慕の情と忠誠心が、いっそうつのるのでした。向田和子さんによれば、悲しみから、だれも受けつけなくなった、そして四十九日が過ぎたころ、部屋中をぐるぐると走りまわる姿が、不憫だったと話されています。思い出しても涙がでると。

そのときまで、マミオはあるじの姿が見えていたのでありましょう。でもそのひとは、行ってしまったのでした。そして、和子さんはわたしが主人なのだ、と懇々といいきかせて、やっとわかってもらったということです。向田邦子さんは、身は亡くなっても、あまりに急な変化は受け入れ難く、気がかりで、しばらくそこにとどまって、見ていたのでありましょう。

「正論」六月号の石原慎太郎さんの一文で知ったのですが、東日本大震災のあった初夏のころのの、タクシー運転手のはなしは、ひとの思いというものの美しさを感じます。大震災の日の東北は、雪のちらちらと降る日でした。数か月をすぎて、幾人かの運転手の体験談によれば、初夏だというのに、その客は冬着のままでした。そのときそのときに、出会ったお客の言葉を聞くとき、胸をつかれるものがあります。それぞれに、

 ・・・ 「南浜まで」「わたしは死んだのですか・・」。

 ・・・ 「彼女は元気だろうか」「彼女は・・」。

 ・・・ 「ひとりぼっちなの」「おじさんありがとう」。

などなど、そして振り向くと、そこにはいなかったということです。短い言葉に、ひとの思いというもの美しさがみえます。そこに現れたひとたちは、みな純粋に行きたいところがあってタクシーに乗ったのでした。その心に宿るものの優しさがみえるような気がします。この話しは、東北学院大学で編纂された「呼び覚まされる霊性の震災学」という本に書かれているということです。

石原慎太郎さんは、「いずれにせよこの貴重な報告はより多くの、いや全ての人間たちによって共有されるべきものに違いないと思う」、と書いています。すべて、帰らぬ人たちは、後世への思いをのこしていかれるのしょうから、逝ったひとたちへのなぐさめよりも、大切なことは、彼ら彼女らがいてくれたことへの、感謝のきもちをわすれないことではないか、と思うのです。すべての帰らぬ人となった人たちに、感謝のきもちをもつ。それだけでいいのではないかと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 9日 (月)

一瞬に過ぎる新緑

160509a


 空には白い雲が流れ、樹下には涼しくさわやかな光がゆれています。萌え立つような若葉は、滴るようにして、うるおいを含んだ空気をあたりに満たしています。ゆったりと、しかも明るくここちよい時間が流れます。その、若葉色のみずみずしい景色は、ほんの一瞬のできごとのように、数日にして通りすぎてしまうのです。木々がいま生まれ変わって、生き生きとする自然の生命力のいぶき、若さに輝く時間でありましょう。
箱根の噴火の警戒レベルが下がって、大涌谷の黒たまごは、ながい間の売り上げゼロからやっと抜け出したということです。5個入りの袋が、2000袋以上売れるまで回復した、ということです。箱根にはなくてはならない風物詩のひとつが甦って、なんとなくうれしいニュースでした。硫黄の匂いが漂う中で、あの熱々の黒たまごは、また格別な味がしたものでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 6日 (金)

道具と化す言葉

160506b

 

 感性か情念か、それともあまのじゃくか、素直でないのが人間というもの。しかしそれが新しいものを生む源泉となるのも確か。けれども、ひとよりも優位に立ちたいという思いが、とっさに反対に走るのも、壊れたとはいえ、それと気づかない人間の闘争本能というものであるなら、それもしかたがないか。よく言われる反対のための反対というのは、そういうことかもしれないです。

一部のジャーナリストが、反権力指向をあらわにする。あるテレビジャーナリストは、「権力監視はメディアが歴史的に担ってきた権利・義務だ」と、まことしやかに言う。はたしてメディアの思考が、超越してそれほどの信頼をおける存在かどうか、私にはわかりませんが、おそらく誰もそんなこと彼らに頼んだ覚えはいないと思います。

いまのメディアが、権力に敵対することで、いかにも庶民の味方のようなふりをして、いい子になったつもりかもしれませんが、反対ばかりで、不信感を植えつけようとあおるように見えるのは、いつまでも実りのないことだと思いますね。政治は、読みの深さ、状況判断の正しさ、世界情勢への洞察力と、それ相応の強い気力が要求されるわけで、そのときそのときで、渾身の一石を打っていくのだろうと思います。

その中にあって庶民はなんとなく、いま平穏無事にいられるわけで、そういう政治の動きを、権力だと意識することは、私にはほとんどありませんが、何か権力という言葉が、道具として使われている気がします。メディアが権力というものを忌避しながら、自らが権力志向的に陥る矛盾は、結局、メディアも一部野党も、大儀はなく、反対のための反対、つまり闘争にしか見えないです。

そういう意味で、憲法論議も政権への反対のための道具として都合よく使われているような気がしてなりません。世論はその声の大きさに多分に左右されている面もなきにしもあらずだと思います。素直に考えてみれば、この国の憲法であって、晴れてわたしたちの憲法ができるということは、喜ばしいことだと私は思いますね。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年5月 2日 (月)

見果てぬ夢のつづきを

160502b

 

 あれは失敗だったと非難するのも悪くないです。天文衛星「ひとみ」は、世界から期待されて宇宙に旅立ちましたが、厳然たる物理法則によって、太陽電池パネルを失い、運用不可能となりました。たとえ失敗しても、貴重な経験だろうと思いますね。内外の期待と責任を背負い、あらん限りの英知をしぼってなされた結果だと思います。新しい技術への挑戦には、失敗はつきもの、それは経験してみなければ、わからないこともあるでしょう。

多くのひとたちの情熱をかたむけた、その経験というプロセスは、つぎへのステップとして意味をもつことでありましょう。なさぬよりも、なすこと、その経験が大事であり、壮大な未知へのチャレンジに意義があると思います。産経抄は、「・・開発費310億円が消えた。・・市井の者が目をつぶってやり過ごせないカネと歳月だろう。」、といっています。

まあ、それも一理ありますが、カネとひとことで言ってしまっては、みもふたもないです。そのカネというもの、行きつくところは、市井に環流されたはずで、少なからず活力となったでありましょう。また、その歳月は充実していたのであって、技術の開発と蓄積がなされたことでしょう。失敗してもいくつかの答えを得たのです。失敗のない成功などないわけです。これからもあくなき探究の継続を期待するものでございます。

 

はじめて宇宙にきてゆっくりとつばさを広げてみわたせば、あたりは暗く地球は青き水をたたえてきれいにみえます。暗黒のなかには星もみえます。私の命は、つばさに受ける太陽のひかりにささえられています。ちょっと光が少ない感じがします。地上からの声がとどきましたが、私はうまれたばかり、その声が、いまの私がとるべき行動として正しいかどうか判断できず、言われるままにぐるぐるとまわるしかありませんでした。あまりにまわったものだから、両方のつばさが飛んでいってしまいました。どうすることもできません。わが地球のみなさま、さようなら・・・。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »