« 要求よりも期待を担って | トップページ | 当たり前という落とし穴 »

2016年5月29日 (日)

ゆるやかに何かが変わる

160529a


 広島で行われた安倍首相とオバマ大統領の演説のあと、だんだんと時間が過ぎるにつれて、じわじわと時代が変わっていくのではないかという気がします。象徴的なことは、広島を記念碑的な遺産としてではなく、未来への道標というようなイメージをもち始めたことではないでしょうか。

オバマ大統領の演説は、つぎの言葉で締めくくられています。「広島と長崎は、核戦争の夜明けとしてではなく、われわれの道義的な目覚めの始まりとして知られなければならない、そうした未来をわれわれは選択する」 と、つまり、いまこそわれわれ社会の普遍的な価値に目覚めるときだ、ということでしょうか。歴史を直視するというのも中々むずかしいことですが、それでも、お互いにしっかりと未来を築いて行こう、ということだろうと思います。

そう思いながら、思い出すのはチャップリンの映画です。かつてチャップリンは、映画『独裁者』の終わりのところで演説をしています。それは、オバマ大統領の演説の流れに通じるものがあるように思います。

 「・・・発明品は本来ひとに戒めをもとめているのだ。・・・国家間の障害を取り除こう。偏見をやめて理性を守るんだ。そうすれば、科学も幸福を高める。諸君、持てる力を集めよう。ハンナぼくが分かるかね、どこにいても元気をお出し、・・・元気をお出しハンナ、人はまた歩き始めた。行く手には希望の光が満ちている。未来は誰のものでもない。僕たち全員のものだ。だから元気を・・・。」(邦訳の字幕より)

 オバマ大統領の演説は、ゆるやかにいまの流れをかえる契機になるような気がします。そのキーワードがモラルかもしれません。

 

|

« 要求よりも期待を担って | トップページ | 当たり前という落とし穴 »

コメント

変わるといいですね。

投稿: OKCHAN | 2016年5月29日 (日) 12:00

コメントありがとうございます。それとなく示された日米のバランス感覚が、よい影響を与えるだろうと思いますが・・・。

投稿: ちぎれ雲 | 2016年5月29日 (日) 21:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/63699606

この記事へのトラックバック一覧です: ゆるやかに何かが変わる:

« 要求よりも期待を担って | トップページ | 当たり前という落とし穴 »