« ゆるやかに何かが変わる | トップページ | 虚言を吐くもの »

2016年6月 1日 (水)

当たり前という落とし穴

160601a


 あたりまえという先入観に落ちると、容易にぬけだすことができない。あたりまえは、動かし難いものをもっている。しかしあたりまえ、と言い切るには,確かな未来が約束されなければならないです。先ごろ、当たり前のことがなぜ分からないのか、と政策を批判した方がいらっしゃいましたが、当たり前とおっしゃるからには、その結論は、そのお方の確かな活力となっているのでございましょう。いきおい言葉は命令調になりますね。

一つの観点から見れば、この答えしかあるはずがない、という単純で明快な答えになるのでございましょう。しかし世の中、先のことについて、当たり前などと、そんなにたやすくあるものでもないのでございます。それが、感情と主観によって固まったものなら、ごく限られた角度から見たに過ぎないと思いますね。なぜなら、主観に反するものは、少なからず感情によって拒絶される運命にあるといわれます。

当たり前だろ、誰が考えても、と偉いひとから、言われれば、何だかやるせない気持ちになることもあるのでございます。必ずしも当たり前の中に、真実が宿るとは限らず、かれがまとっているものは軽いものでございましょうか。当たり前という言葉は、発する側にとっては、隠れ蓑のようなもの、受ける側にとっては、めくらましのようなものかも知れないのでございます。

 

 

|

« ゆるやかに何かが変わる | トップページ | 虚言を吐くもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/63714005

この記事へのトラックバック一覧です: 当たり前という落とし穴:

« ゆるやかに何かが変わる | トップページ | 虚言を吐くもの »