« そのままの結末 | トップページ | 決断がよび覚ますもの »

2016年6月23日 (木)

話しは成り立つか

160623b


 人間、まともな様に見えて、案外あやしげなこともある。強情を張るのは健康な人がいうこと、ましておおやけにたずさわるものは、健康であって強情を張ってほしい。不健康はいけない。つい気短になってしまう。国と争う沖縄の知事は、健康体かどうか見ていて心配ではあります。

さきごろ参院選にさきがけて行われた党首討論において、安保関連法の白紙化をもとめる民進党の岡田代表は、「安保関連法ができる前の状態に戻す。そのことで日米同盟がおかしくなる、という話は成り立たない。」 とおっしゃっていますが、かなりあやしげなものだと思います。

白紙化することで、前の状態にもどせることなどありえないでしょう。諸外国の中には勢いずくものもある。落胆するものもある。混迷を深め、不信がうずまき経済にもあらゆるものに影響し、不安定になるのは目にみえるような気がします。

日米同盟にかかわることで、一端決めたことを反故にすれば、おかしくなるのは確か、それが分からないはずはない。どうせ不可能と知った上で、それでもやると言ってみる。というのであれば、それは健全な姿だろうか、すくなくとも建設的にはみえないです。

 

|

« そのままの結末 | トップページ | 決断がよび覚ますもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/63818392

この記事へのトラックバック一覧です: 話しは成り立つか:

« そのままの結末 | トップページ | 決断がよび覚ますもの »