« 観客との一体感があって | トップページ | 世界一を目指す気概 »

2016年9月28日 (水)

自然を自然とみるか、異常とみるか

160928a


 所信表明演説中の起立拍手は、やっぱり自然にそうなったのだろうと思います。警察、海上保安庁、自衛隊などの任務についている人たちに、心からの敬意を表そうではありませんか、という安倍総理のよびかけは、私にはごく自然に共感するものがあります。

緊張に耐え、責任感と誇りをもって、任務をを全うする人たちへ、国会議員として感謝をあらわすなら、座ったままの拍手は、おかしいでしょう。安倍総理への拍手ではないのだから、かの人たちに思いを馳せれば、区別するためには、自然発生的に立ち上がるのが、そのときの各自の感性というものだと思います。

小泉進次郎議員は、「よくアメリカなどの議会でみるのはわかるけど、なんとなく、自然じゃないですよね、ぼくもびっくりして立っちゃたよ、自然がいいと思います。」、といっていますが、周囲につられて、しかたなく立ったというなら、かれは、ぼんやりしていたのではないでしょうか。

議員のなかには、異常とみるひともいましたが、それはそれで、かれらの考えていることが、おぼろげながら見えたのでした。ひとそれぞれで、それはしかたがないことでしょう。

 

 

 

|

« 観客との一体感があって | トップページ | 世界一を目指す気概 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/64271394

この記事へのトラックバック一覧です: 自然を自然とみるか、異常とみるか:

« 観客との一体感があって | トップページ | 世界一を目指す気概 »