« ひとりの人間への賛歌 | トップページ | 一葉の月の夜 »

2016年11月25日 (金)

いうほどに信頼がゆらぐ

161125a


 責任ある立場にあってものをいうとき、責任感と自らの立ち位置がしっかりしていれば、言葉は、自ずと信頼に足るものになるでしょう。たとえ自他の考えが違っていても、それはそれで、言い分に一理あるならば、互いに信頼を損ねることにはならないでしょう。

安倍首相とトランプ氏の会談について、蓮舫氏は、何をもって信頼できるといえるのか、安倍首相は説明する義務がある。というけれど、蓮舫氏は何か、かん違いをしているのかもしれないですが、この場合の信頼は、日本を利するための信頼ではなく、安倍首相は、『信頼できる指導者だと確信した』、とのべています。

トランプ氏の指導者としてあるべき姿の片鱗を直観したのでしょう。いわば価値観を共有できると感じ、敬意をあらわしたのでありましょう。話しができるとみたのではないでしょうか。

TPP特別委員会において、蓮舫氏が、安倍首相が何をもって確信したのか答えていない、というほどに、それほど政策に影響するほど重要なことでもないと思います。

蓮舫氏が、説明する義務があるという言葉を使うなら、いわゆる二重国籍の件で、戸籍謄本を公開するなりして、身の潔白をはらす義務があるというものでしょう。「極めて個人的な件」として拒否する姿勢で通すなら、責任ある立場として、信頼は得られないと思います。

 

 

 

|

« ひとりの人間への賛歌 | トップページ | 一葉の月の夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/64542774

この記事へのトラックバック一覧です: いうほどに信頼がゆらぐ:

« ひとりの人間への賛歌 | トップページ | 一葉の月の夜 »