« 自然の生命の綿々と | トップページ | 変だ、どうかしている »

2017年6月29日 (木)

真摯でありながら魔手が

170629a


 だれしもこころ静かに真摯に考えるなら、おそらく正しい道を進むことができるだろうと思います。けれども、自分では気づかないうちに、どうすることもできない何かにとらわれてしまうことは、おそらくあるのだろうと思います。

たまたまテレビで、ちらっと見える豊洲問題、反対しているらしい人の強圧的な発言の品のなさは、一瞬にしてひとの心を寒からしめるに十分でありました。国会での質問も同じようなことがありますが、ひとりの人が人に命令できるのだろうか、と思ってしまいます。

加計学園の件でも、説明責任を果たさなければならないと新聞も書きますが、たぶんそれも大切なことでしょうけれど、みなが説明を真摯に聞く耳をもっているかといえば、それはちょっとあやしい。

稲田防衛大臣の自衛隊としてもお願い、という失言は撤回されました。けれど、民進、共産、自由、社民の4党は、罷免を要求する。これをみてもかれらには、聞く耳もたずの感が私にはあります。

説明責任を、ということばに納得しやすいですが、その前に、一体何が問題なのか。分かるように説明してくれるメディアはないような気がしています。

ひとが多数で生きることの課題は、互いによりよい方向を目指すことでしょうが、いまの政争は必ずしも同じ方向をもとめていない。いま、声の大きさに左右されて、ともすれば知らず知らずに寛容と和の精神が破壊の方向に歩まされている気がしないでもありません。だれもが真摯でありながらも、どうすることもできない魔手にとらわれているのかもしれないです。

 

 

|

« 自然の生命の綿々と | トップページ | 変だ、どうかしている »

コメント

・・・共産党の志位和夫委員長も文京区の街頭演説で 「自衛隊という実力組織が特定の党の候補を支援したら恐ろしい社会になる。当たり前のことをあの大臣は分からない」 と批判した。・・・
というニュースがありましたが、
 『恐ろしい社会になる?』
 志位委員長の発言は、自衛隊員への侮辱、社会への侮辱ではないでしょうか。これも劣らず大の失言といえると思いますが。
共産党が政権を得たら恐ろしい社会になる、という彼の潜在意識が、無意識にそういう発言となって出たのかもしれません。だとすれば、かれも踊らされている自覚があるのかもしれません。
いやいや、妄想にふけってしまいました。

投稿: ちぎれ雲 | 2017年7月 1日 (土) 19:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/65471211

この記事へのトラックバック一覧です: 真摯でありながら魔手が:

« 自然の生命の綿々と | トップページ | 変だ、どうかしている »