« もっと真剣にやってよ | トップページ | 人の世は多様 »

2017年6月 4日 (日)

受け継がれた伝統の強み

170604b


 ものごとの考え方において、日本人は、中韓のひとたちとは正反対といっていいほど違うと、ケント・ギルバート氏がいっています。たぶんそれは、前向きか後ろ向きか、というほどの違いでしょうか。打算と良心、あるいは身勝手と和の対比、知性の広がりを必要とする伝統精神の有無の違いと言えましょうか。

いま国連か何かしらないけれど、やたらと何とか委員会とか特別報告者とかいう御仁が、日本に文句をつけてくるけれど、一体どんなものさしで計っている。日本、その一国に対してトランプだって、プーチンだって、ドウテルテも言わないことを彼らは平然という。ほんとうにどうかしている。

世界は広くそれどころではない。おそらくそんなことに振り向く人はいない。だから気にすることもない。中韓だけがしてやったりと見ている。それに与する内なる喜ぶひとたちも。

これは仕掛けられた罠だと思う。動揺を誘って弱体化を図る作戦にちがいない。罠にかかってはいけない。そんなおどしにはびくともせぬ。ながく流れてきた伝統がもつ精神的な態度は、よほど強いと思いますよ。

 

 

|

« もっと真剣にやってよ | トップページ | 人の世は多様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/65370186

この記事へのトラックバック一覧です: 受け継がれた伝統の強み:

« もっと真剣にやってよ | トップページ | 人の世は多様 »