« 無用な心配ごと | トップページ | 大過なく過ごしてきたけれど »

2017年12月18日 (月)

さっぱりと割り切れば

171218a


 個々に事情があり、その事情は本人しかしらない。だから、ものごと、余人には本当のところは中々わかりにくい。力士の暴力事件に端を発して角界がごたごたしているけれど、相撲は好きだから早くけりをつけて欲しいです。

事情がよく分からないので、言葉は気をつけないといけないけれど、はっきり言えばあれは、核心となる誰も彼もが、煮え切らない。

互いに不信は貯めていては、解けるはずもない。ただ、ものを言うことが大事でしょう、もの言えば、人に分かってもらえるし、人にも直してもらえる。そしてものを問うことも大事、自分が正しいという思いは限界があるからです。

結局、言葉のない人は、信を与えようがない。それぞれの威信にかかわることなら、声を大にしてはっきりと言えばいい、後はあっさりとするがいい。そう思うのですが・・・。
さっぱりと割り切れば、楽になれると思うのですが。

 

 

|

« 無用な心配ごと | トップページ | 大過なく過ごしてきたけれど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/66172337

この記事へのトラックバック一覧です: さっぱりと割り切れば:

« 無用な心配ごと | トップページ | 大過なく過ごしてきたけれど »