« 順序ただしく | トップページ | ものいう人達に冷めた人達 »

2018年1月10日 (水)

若さは骨次第

180110a


 骨は内臓のようなものだそうです。骨は絶えずメッセージ物質を出し続ける神秘の巨大ネットワーク。単に体を支えているだけではない、というのです。意外や意外、初めて知りました。7日放送の『NHKスペシャル・人体・第3集 ”骨”が出す!最高の若返り物質』 を見ました。

骨を大事にしないと、大変なことになる。実は、脳や体を若々しく保ってくれているのは骨だというのです。骨の中でつくられる物質が、メッセージをもっていて、全身をめぐっていることが分かってきた。骨が記憶力、筋力、免疫力、精力など操っている。

つまり、若さも、老化も、骨次第ということのようです。賞をいくつもとったというアメリカの競輪選手(28歳)の骨量が、危機的に少なかった例が紹介されます。アスリートなのになぜか。原因は、長期にわたって体重の負担をかけていなかったことが、疑われる。それはちょっと衝撃的でした。

骨は少しづつ生まれ変わっている。結論をいえば、骨が出す若返り物質を作るには、足に衝撃がかかる運動がいい、と言っていましたね。なんといっても健康が一番ですから、歩くことはいいことだ、とあらためて思いました。

 

 

|

« 順序ただしく | トップページ | ものいう人達に冷めた人達 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/66261862

この記事へのトラックバック一覧です: 若さは骨次第:

« 順序ただしく | トップページ | ものいう人達に冷めた人達 »