« 都合のよい事実 | トップページ | すぐれた技量は宝 »

2018年2月15日 (木)

秩序が定まれば

180215b


 何か嬉しいことがあったような気がする。日常のちょっとしたことを思い出しては、ああ、そうだったと、いい気分になることがあります。何かの変化が起きたとき、こころなしか胸が熱くなる気がして喜びがわいてくる。それがときめき、というものでしょうか。

近藤麻理恵さんの「毎日がときめく片づけの魔法」(サンマーク出版)が、各国でベストセラーになり、そのシリーズで、700万部を突破したということです。小説ではないのに、すごいなと思います。彼女は一番大切なことは何ですか?と問いかけています。ひとそれぞれですが、自分に自信と余裕ができることでしょうか。たぶん、自分なりの秩序が定まれば、気持ちよくなることは確かでしょう。

礼儀をもち、秩序ある振る舞いは、ときにひとのこころを潤します。いつだったか遠い記憶ですが、横浜山下公園。遠く白い客船がゆく。
ぼおーっ、と長い汽笛を鳴らし、港をでてゆきました。(写真は臨港パーク)

 

 

|

« 都合のよい事実 | トップページ | すぐれた技量は宝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/66395805

この記事へのトラックバック一覧です: 秩序が定まれば:

« 都合のよい事実 | トップページ | すぐれた技量は宝 »