« 度が過ぎる言葉 | トップページ | みだれない心の広さ »

2018年2月27日 (火)

経験がすべて

180227a


 平昌五輪が終わった。かの地のこと、あまり期待はしていなかったけれど開けてみれば、日本勢の好成績に、現金なもので大いに楽しんだ。みんながんばってくれてほんとうにありがとう。

悲喜こもごもの話題もありました。終ってみれば韓国選手が氷上でひざまずく痛恨の涙もありました。技術の評価や順位には、厳しさを通りぬけるそれなりの意味があるでしょう。それなくしては挑戦する意味がない。

しかしそんな中で、トンガの選手は、上半身裸で式典に臨んで話題になりました。彼はつぎのように言う。「有名になることが目標なんかではない」「己の名声のため、有名になるためだけになにかをするのは、とてもつまらないこと」「もっと大きくて、永遠に続くなにかのために行動したい」 つまり、かれは不可能にみえることでもチャレンジすることが大切、絶えることなく希望をもつことをみんなに見せたかったのでしょう。

そう、燃える血潮、実行がすべて新しきものを生む。そして、何ごとも失敗も成功も経験がすべて。経験しなければ、真に身につかない。スピードスケート女子500メートルで日本女子初の金メダルを獲得した小平奈緒選手は、優勝決定後、韓国の李相花選手と抱き合いお互いを讃えたのでした。それは予期しなかった経験でありましょう。

 

 

|

« 度が過ぎる言葉 | トップページ | みだれない心の広さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/66440028

この記事へのトラックバック一覧です: 経験がすべて:

« 度が過ぎる言葉 | トップページ | みだれない心の広さ »