« 庭という情趣の創造 | トップページ | 確かなものと不完全なものと »

2018年4月 5日 (木)

さくらを惜しむ心

180405a


 さくらもまた、春の夜の夢のごとしでしょうか。散ってしまった桜木をみるのも名残惜しいけれど、桜の種類は多くて思わぬところでまだまだ見ごとに咲いている所に出会うこともある。中々にその花の季節はながくもあります。

なぜに桜に惹かれるかと問うも、無粋な気もするけれど、惜しげもなくさっぱりとして未練を残さない桜、人はかくありたいと、そこが好まれるということでありましょう。

平家物語の冒頭は日本人ならだれでも思いだすことができる。栄華から崩壊に向かうのは世の常で、美しさの極みもいつまでもはつづかない。不意の一陣の風に桜の花びらは自らの意思で一斉に枝から離れる、なんとみごと、と思うけれど、同時にもったいない気もします。

桜がどこか琴線にふれるのは、たぶん、そんな惜しむ心がそうさせるのかも知れないです。惜しむ心は、我はさておいて何かを大切にしたいという気分、時の流れの中で知らず知らずに醸成されてきたものでしょう。

よくも悪くも諸行無常、桜の大樹にも悲しみはあるかも知れないです。だとしたらあれは涙と見ることもできる。ならば酒でなぐさめるもよしでありましょう。

 

 

|

« 庭という情趣の創造 | トップページ | 確かなものと不完全なものと »

コメント

昨日、交差点の真ん中クルクル回った桜の花びらを見たばかりです。いよいよおしまいになる桜を惜しみました。
先日、田舎の桜並木の下で簡単な食事でお花見をしました。
ちぎれ雲さんのお写真のように、人物を入れた優しい1枚が撮れないものかと、シャッターを押しました。
↑の新緑の下の子供たちの何気ない瞬間…やっぱり簡単に撮れるものではないです。
お写真1枚にもお人柄がでるものだと痛感していますheart04

投稿: 草もみじ | 2018年4月 5日 (木) 19:39

草もみじさんあたたかいコメントありがとうございます。
石平さんは、「美しく咲いて美しく散る桜の花が、美学としての『大和心』をよくイメージ化しているからこそ、日本人の琴線に触れるのだろう」、と書いています。なるほど中々いい言葉だと思います。日本人は、さくらが咲いたとただ浮かれているわけではなく、潜在的に過ぎ去った遠い時間への思いと、いまある安心のようなものを見ているのではないでしょうか。

投稿: ちぎれ雲 | 2018年4月 5日 (木) 20:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/66577748

この記事へのトラックバック一覧です: さくらを惜しむ心:

« 庭という情趣の創造 | トップページ | 確かなものと不完全なものと »