« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月28日 (木)

充実した時間

180628a


 情熱は力なり、と申しましょうか、非凡なる人の人生の航跡をみるとき、そんな感じがします。「夢二 繚乱」(東京ステーションギャラリー) を見てきました。

竹久夢二がのこした作品がこんなにたくさんあるのかとおどろきでした。画集はもちろん、挿絵、表紙や装幀、詩集、絵葉書、自筆のことばにも心ひかれるものがあります。何か新しいものを生みだすためには苦労もあるでしょうが、人並みならぬ才能が開いて、それはとても充実した時間だったのだろうと思います。

明治、大正、昭和と生きて、人びとにうるおいをもたらしたのでした。それは今もつづいています。

同時開催の「イザベラ・バード展」、明治11年5月横浜に上陸、北海道に至る「日本奥地紀行」をあらわした。イザベラ・バードの尽きない探求心と行動力は、病弱の身を押して健常者のそれに勝るのもの、その著作とともにあらてめて親しみと称賛の気持ちがわきます。
(ギャラリーの窓・・展示会場は女性ばかり男は数えるほどだった。)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月25日 (月)

同じ目的をもって

180625a


 サッカーでも野球でもそうですが、選ばれてすぐれた人たちが同じ目的をもって戦っています。企業も同じです。組織がうまく機能して業績をあげるためにがんばっています。そしていずれも、形は違うけれども社会への貢献と責任を負っています。

国会も組織とみれば、その役割は同じではないでしょうか。国民という大きな集団がよりよく暮らせるように、維持、努力し、危惧がないように先のことを考え、そして活力を与えることが求められると思いますが、はたしてそのように組織が機能しているかといえば、必ずしもそうは見えないのであります。

一部の国会の成員の中には、同じ目的と役割をもって仕事をしているようには、ちょっとみえないのであります。では何をしているかといえば、あれは少数グループが、ゲームをしているのではないでしょうか。手持ちのカードがないのに、心理戦で相手を負かそうとする。そう、ポーカーに興じているんじゃないでしょうか。
 (片瀬江ノ島・雨)
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月21日 (木)

ありのままに見れば

180621a


 事の善悪の有無は関係なくて、事のプロセスを問題視しているのが今の野党とマスコミの攻勢でしょうか。人と人が会ったかどうかはそんなに問題とも思えず、それは人の自由であります。

人のため身のため無理をしないほうがいいと思うのですが、無理を押しておかしなことをつづけていると、人はおかしくなってしまうのでしょうか。素直な見かたができず、叩けばよいということで、それで、世に不信が蔓延することを望んでいるような。

テレビを見ていたら、野党の議員さんのコメントがありまして、
 「ふざけたタイミングで、ふざけた人間が、ふざけた会見をした」、
というように聞えたのだけれど、これはもう、テレビで流せる代物ではないと思います。不謹慎にも、気にいらないからといって、怒気を含んで他人を罵倒するようではだめでしょう。 ひとはだめ押しをされると、狼狽し、虚勢が表れるのでございましょうか。
 (都立・旧古河庭園 大正6年竣工)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

初夏の緑の中へ

180617a


 この道は初めて通る道。つゆの晴れ間に、初夏の緑は明るく映えています。樹々の下を歩けば、しっとりとした空気に包まれる感じがします。緑道はどこまでもつづいています。

やはり人の道のルールは、守った方がいいと思います。ルールに従えば間違いがないからです。けれども、ルールを守り過ぎるのは問題ではないかという中国メディアの記事がありました。 『誰もがルールをひたすら守る日本人はまるで「病」にかかっているようだ!』 という見出しでした。

ルールは、長い時間をかけて経験と伝統にもとづいてできたいわば、きまりです。そのきまりを実践することで、よい結果を生み、無駄が少ないことは確かでしょう。「ルールは破るためにある」 といっても、それは創造的で有能なごく限られた人にあたえられるもので、だれもがルールに従わなければ世は乱れるばかりです。

記事は、日本は「病」にかかっているから活気がない、というけれど、ところかまわず、人中で大声をあげていいというものでもないです。
世界の中で新しいルールがほぼ確立されようとしている時に、かれらが、それを理解しえないとしたら、そこに問題があるような気がしますが。道は歩いて気持ちのよいものであって欲しいです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

雨と睡蓮

180614a


 睡蓮の池に雨が降っている。一面に、無数の波紋ができては消え、消えてはできる、静と動の風景。雨の中もまたよしです。喧噪で雑多なただ中にいても、厭うことはない、過去も未来もない、ただその一瞬に没頭して生きればよい、という森下典子さんの書、あの 「日日是好日」 を思いだします。

移りゆく季節を味わうこと、今ここにいること、このままでよい、ということ、雨の音を聴くということ、そこにこそ、自らが、さえぎるもののない自由の中に生きていることに気づく、という。

先生は何故そうなのかは言わない。それは、わたしたちを自由に解き放つことであったと。実はすべては自由だったのだ。

私には分からないこと、知らないことも多いはずだけど、雨の落ちる水面と、スイレンの花をみれば、なるほどそうか、今を味わうことか。それが濃密な時間となって、いつか目からうろこ、ということもあるかもしれないと思うのです。 (明治神宮御苑) 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

わがままな風

180610a


 お城は風格があってうつくしい。天守も白壁も石垣もその威風は、今にのなごりをとどめている。むかしの人びとは城を仰ぎ大事に思い、誇りをもっていた。それで城下町が栄えた。それはいまもつづいている。

時代は移り、アイデンティティというのかどうか、いまは世に反抗的であることがいいことであるような風がふいて、何かといえば、反抗心が旺盛であります。その最たるものが安倍政権を倒すという風。

いままた、「公権力とは潔く距離を保つというのが正しい振る舞いなのではないかと考えています」 という映画監督もあらわれるけれど、正しいかどうかは別にして、それはわがまま、ぜいたくという気もします。

そのような風を吹かすことが世の乱れを誘っているような気がします。反抗心が自立心をうながすならいいけれど、みなの義務と誇りをわすれさせてはよくないです。おとなが、幼子に反抗するのは壊れているとはいえ、元はと言えば、そういうわがままな世の風に原因があるような気がします。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 7日 (木)

狂騒に押し流される

180607a


 すまじきものは宮仕えというけれど、あわれというもなかなか身がいたみます。森友の文書改ざんの件、財務省の20人の懲戒などの処分が発表されました。

世の狂騒に押し流されて、やむなく改ざんに手を染めるも悪事から発するものでもなく、手中に得るものなく、汚名をきてあとにのこるくやしさと空しさはいかんともしがたいものがあるでしょう。同情に絶えないです。

当時の理財局長だった佐川前国税庁長官は国会において証人喚問に呼ばれたおり、つぎのようにのべていました。

「・・当時、本当に局内、私も含めて、連日連夜、朝までという日々でございまして、本当に休むこともできないような、月曜日から金曜日まで毎日ご質問いただいている中で、そうした余裕はなかった。お叱りを受けるのは重々承知でございますが、全くそういう余裕がなかったというのが、実態でございまして、申し訳ございません」

ほんとうにみんな追い込まれて、重圧と緊張の中で日々仕事に取り組んでいたのでありましょう。野党もマスコミも問題ありとするも、その根拠を示さず狂態を演じたけれど、なんの咎も受けず、痛痒を感じる様子もないです。悪いのは誰か。理不尽といえば理不尽であります。彼らは有能な職員でありましょう。このことは、財務省において、泣いて馬謖を斬るに等しい気がします。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

みんなまじめにやっている

180603a


 仕事が好きな人は、それによって技を磨こうとする。あまり好きでない人も、それなりにまじめに仕事をしている。みんな、活気があって生活ができるということは、前向きの雰囲気があってのことでしょう。

それが国力というものかも知れないです。政治や経済、あるいは資源、武力の背景、それに文化も大切な要素でありましょう。それは、どれも人がかかわることでありまして、つまりは、個々人の力の結集が国力になるのでありましょう。あらゆる人びとが、まじめに働くことによって、責任を果たしている。それで国が安定していると思うのであります。

一方、国会議員の中には、責任感が見えないような人もいます。偏向する新聞に煽られて同調し、無理を通そうとするから、ボロがでる。そして怒る。それは、私心の過信、その不まじめさがそうさせているのではないでしょうか。

大阪地検が佐川前国税庁長官を不起訴にしたことについて、立民の辻元清美国対委員長は、「国民感情と全くずれている。あれだけのことをやっても罪に問われないとなれば、改ざん天国の霞が関になってしまう」 と批判しました。

改ざん天国の霞が関? これはひど過ぎると思います。官僚全体を誹謗する暴言だと思いますが、それにくらべてあなたはちゃんと国力に資する仕事をしているのですかと問いたいです。

人を喜ばすということでいえば、花屋の店員さんも日々そうやってがんばっているのです。テレビに映る辻元氏しか存じ上げませんが、その店員さんにも及ばない、という気がしないでもないです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »