« 充実した時間 | トップページ | 違う空間に入る一瞬 »

2018年7月 1日 (日)

遠い記憶

180701a


 早い梅雨あけで、陰影を濃くする陽のひかりが射して夏の到来。台風発生のためか風の強い日がつづく。樹々のそよぎは暑さしのぎになります。夏のまぶしさはなぜか旅心をさそいます。

広く青い田んぼにうねるように、風の流れるのもなつかしい風景、白い道に遠くかげろうがゆらめく、思い出せば若きころ、郷里の境内の長い敷石の際に、いつも松葉ボタンが咲く、夏の日差しに強い生命力、そこだけ鮮やかな赤だった。

松葉ボタンの種、やっと手にいれて小さな鉢に蒔いたら、昨日今日と一斉に芽がでてきた。
 (内堀通り・風になびく柳)

 

 

|

« 充実した時間 | トップページ | 違う空間に入る一瞬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/66888829

この記事へのトラックバック一覧です: 遠い記憶:

« 充実した時間 | トップページ | 違う空間に入る一瞬 »