« 秋の花は静か | トップページ | のびやかな風情 »

2018年10月25日 (木)

前向きの人生

181025a


 肯定は許容であり、前進の道をひらく。しかし否定は断絶であり、途方を失う。テレビに流される政争にもネットにもいろんなコメントがあるけれど、否定的なものが多いです。

それも多数をたのめば、一つの力になることもあるでしょう。たとえ間違いであっても、正しくみえることもあり、善良なるものはそれに流されもするでしょう。答えのない否定論は健康とは言えない気がします。

ものごとやさしいものほど難しいけれど、それは認識の深浅の差、あるひとつの事について言うことよりも、言わない部分に深遠が含まれる、ここは思案のしどころ。

無縁坂を下れば不忍池にでる。忍ぶ不忍とは、人生に機微あり、喜怒哀楽の人生、ということでしょうか。
後ろだけは見ちゃだめと笑ってた、という言葉、思えば心に染みます。

 

 

|

« 秋の花は静か | トップページ | のびやかな風情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/67311041

この記事へのトラックバック一覧です: 前向きの人生:

« 秋の花は静か | トップページ | のびやかな風情 »