« 見た目と違う | トップページ | 人生のけじめ »

2018年11月 8日 (木)

額に汗して働く

181108a


 過ぎ去ったことは、もはや問題ではないです。ただ、むかしのことです。テレビもなければ洗濯機もない。汽車は三等車の時代、額に汗して働く時代、三丁目の夕日よりもっと古い時代だった。その時は何の問題もなかった。

韓国最高裁のいわゆる徴用工に関する判決ほどおかしいものはない。確とした証拠も提示し得ず、情に流され本質が歪められる。うそほど恐ろしいものはない。自他、双方にわざわいがふりかかる。

間違った前提は間違った結論を生み、間違った前提は、正当性を失う。不利益、不当、であったという前提が崩れている以上、もはや韓国要人が何をいっても、その正当化は心に響いてこない。

当時、旧朝鮮半島出身の労働者は有能で、けた違いの収入を得ていた報告もある。韓国最高裁の判決を尊重せよというなら、そういうなりふり構わぬ文化、と割り切ればそれもよい。韓国の内政のことだから。

しかし、国内法を外国の企業に適用できるかは、甚だ疑問です。資産を差し押さえるなら、日本の許諾は必須条件だと思います。それなくして、有無を言わせぬ挙にでるなら、それは国家的略奪・・・・。
真実ほど強いものはないです。そんなに簡単には壊れません。

 

 

|

« 見た目と違う | トップページ | 人生のけじめ »

コメント

おっしゃる通りだと思います。
人間にも恩を仇で返す人がおりますが、
それが国家だと思うと、
本当に情けないですね。

投稿: しげまる | 2018年11月 8日 (木) 21:28

しげまる さん
益もないのに日本を壊そうとする執心は
もう、刷り込みというしかないです。
それに、この期に乗じて、
お金の無心に走ろうとするひとたち、
情けないですね。

投稿: ちぎれ雲 | 2018年11月 9日 (金) 06:47

こんばんは~

「○○な国を知れば知るほど自国の良さがわかる」(^^♪


投稿: いま | 2018年11月11日 (日) 21:27

いま さん こんばんは~
それは、至言なり。

ああは、なりたくないですね。うまれてよかったです。

投稿: ちぎれ雲 | 2018年11月11日 (日) 21:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/67359308

この記事へのトラックバック一覧です: 額に汗して働く:

« 見た目と違う | トップページ | 人生のけじめ »