« 松のある風景 | トップページ | 豊かさがあるところに »

2018年11月22日 (木)

収穫を待つゆとり

181122a


 山道をのぼってきたら目の前がうわーっと広がる。ここは三浦半島の南端、一面のキャベツ畑です。遠くまで青々とつづいている。まるで美瑛のようです。さえぎるものがない雄大な緑の景色は、生き生きとして気持ちがいい。

この広さ、農作業も大変でしょうが、収穫時にはよろこびも大きいにちがいないです。農家のみなさんは、作物をじっくりと育てあげて成長の時間を待つ、それは世話をする労苦をのぞけば、ゆとりをもった、くらしのリズムでありましょう。

おカネを欲しいという気持ちは健全で、日々の活力になるのは確かであります。一方、汗水ながさないでも儲けるひともいる。カリスマ経営者といわれた日産のゴーン氏、数十億という虚偽記載で逮捕というニュースがありました。

人間、お金儲けがすべてになってはおしまい。やはり、いいプロセスはいい結果を生み、悪いプロセスは悪い結果を生む。
ゆっくりと実りを待つような、それ相応を知る心のゆとりを持ちたいものであります。

 

 

|

« 松のある風景 | トップページ | 豊かさがあるところに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/126209/67406153

この記事へのトラックバック一覧です: 収穫を待つゆとり:

« 松のある風景 | トップページ | 豊かさがあるところに »