« 謙虚に向き合う | トップページ | 昔の人の価値観 »

2019年11月 5日 (火)

自由という名の無理

191105a


 どこでも行ける身軽さは、いろんなものを見、何かを感じる自由があって、素晴らしいものです。身の自由は、発見と創造を生む大切なものでありましょう。

何かの像、作品、虚構の映画をつくるのも自由、世のため人のため、何か心を打つものであれば、その公開は意味あるでしょう。

けれども、「無理が通れば道理が引っ込む」 のも真理、
文明も歴史も悠々と流れてきた秩序のひとつ、肺の鼓動も、秩序のひとつ、しっかりと、続いていなければならない。

しかし、なにをするのも自由、という人たち、その人たちの自由、何かを壊したい自由がみえる。それは、自分たちの勝手な自由、無理を通す自由、大きくいえば、していることは人類の損失。そう思うのであります。

  

 

|

« 謙虚に向き合う | トップページ | 昔の人の価値観 »

コメント

草もみじ さん こんばんは、

やはり、間違った思い込みほど、やっかいなものはないですね。
頭に血が上っては、なにも見えなくなってしまう。
むずかしいことですが、心のゆとりって、大事ですよね。
その方が、楽なんだけどね。

投稿: ちぎれ雲 | 2019年11月 6日 (水) 20:12

こんばんは☆。
…その通りと思います♡。
何かの像について…いつもそう思います。
思いが通じて仲良くなれたらどんなに楽しいか…。

投稿: 草もみじ | 2019年11月 6日 (水) 19:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 謙虚に向き合う | トップページ | 昔の人の価値観 »