« 晩秋は残り少ない | トップページ | 相対的なもので、 »

2019年11月26日 (火)

一人相撲

191126a


 奈良の県道で、ガードレール170枚の盗難事件が発生、その重さ約5トン、一体何者が、何のために、不埒極まる仕業は、まともな人間ともおもえないです。ガードレールが、おのれの打算からでた欲望をみたすための、代替え手段に見えたのか。

そこにあるべきものが、支柱だけのこして失われる無残な姿が、目に映らないとすれば、道徳観のない幼稚な精神というしかないです。

 ところで、韓国は、GSOMIAの件で、破棄を停止するというニュース、一瞬、ついに破棄したのかとおもったら、そうではなくて、破棄しないという意味、ならば、前言を撤回する、と言えばいいものを、あくまでも非をみとめたくない、ということが、その身に脅迫観念にとりつかれているのではないかと思えてくる。

やはり韓国は、GSOMIAそのものの本質をみていないようだ。ただ、何かに使える道具としてみている。ものを正すに、次元の異なる交換条件が、成り立つはずもないものを、へたな作戦で勝とうとするところに、哀れみさえおぼえます。

  

|

« 晩秋は残り少ない | トップページ | 相対的なもので、 »

コメント

FUJIKAZE さん コメントありがとうございます。

日本には「言わぬが花」という言葉がありますが、
詩歌でもあまり説明しないのが、創造性が生まれ、
感慨が深かまるということがあります。
でも、韓国は、なにかあれば、すぐに口撃してくる。
それは逆に、ほとんど自分たちにあてはまる。
発想に新味がなくて、創造性がないんですね。
先行き、おもいやられます。

投稿: ちぎれ雲 | 2019年11月27日 (水) 08:43

こんばんは!
あのような国が隣にある日本って、本当に不幸ですね。
ずっと中国や日本に支配されてきた歴史から、根性がひねくれてしまったのでしょうね。
さて、徴用工問題が同決着するのか・・・見物です。

投稿: FUJIKAZE | 2019年11月26日 (火) 22:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 晩秋は残り少ない | トップページ | 相対的なもので、 »