2012年5月20日 (日)

核心的利益という虚言

120519a


 竹島や尖閣諸島は、日本人の精神文化を表している気がします。海に囲まれたがゆえに、われらが先人は、見果てぬあこがれとロマンを抱いて、はるか海原の向こうに雄飛したのでした。
より良いものへと向かう旺盛な探究心と勇気がそれを可能にしたのでした。その結果として無人島を有人島に変えていった歴史が刻まれた。歴史的事実として記録に残った。板子1枚下は地獄といわれます、おそらく、悠久の大地に住む人たちには、そんな海に出ていく必要性も意欲もなく、造船や漁労、操船の技術が育つはずもなく、無人島に足跡を残すような歴史は生まれ難いものではなかったか。

そういう意味で、竹島、尖閣諸島は、日本人にとって、進取と創造の気質ともいうべき精神文化のひとつの象徴だと思うのです。
ところがその尖閣諸島を中国メディアは、核心的利益だと言っているようですが、その言葉はなにやら、どら猫の匂いがします。

来日した世界ウィグル会議の議長ラビア・カーディルさんは、
  「中国政府はどこの領土であっても、『歴史的にわが国の領土』と主張する」
と述べたといいます。

まさに、おっしゃる通り。その中国が、濡れ手で粟の私欲をあからさまに、人のものを欲しがり、「利益」だと声高にいう品のなさは、どうだろうか。それはすでに”歴史的”という言葉が虚言であることを表しています。

 

| | トラックバック (0)

2012年5月 3日 (木)

動揺する内心

120503b


思いは正しかったのだろうか。信じてきたものは、ほんとうだったのか。良かれと思うままに歩いてきたのは、自らの心のなぐさめに過ぎなかったのかも知れない。あるいはどこかで、それと知らずに媚薬を飲んでしまったか。心に描き、求めてきたものが、実は媚薬の成せるわざ、そのままに流されていた自己陶酔なのかも知れません。

そう思うとき、空恐ろしい気がしますが、思えば、間違っていないと信じたものが、井の中の蛙、も同然であったならひそかに愚かな奴、とわらう人があったはず。それはもう滑稽でありあわれでしかありません。けれども、その声はすでに媚薬にむしばまれた身には、聞こえて来るはずもない。そんなことがあるのかも知れません。でも人生は、波のうねりに似て、いつの日かゆるやかにその波の頂に行きつけば、はるか遠くに広い世界が見えてきそうな気もします。

 

| | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

甘えとも知らず

110213b_2

Line01_2

やめる、やめない、ある、ない、でる、でない・・・などなど、言うは易し行うは難し、世の中煮え切らないことが多々あります。

一体いつからこのようになってきたのか、われらが太平飽食の時代は短兵急に走り、わがまま抑えがたく責任回避に汲々となるも、みな甘えとも知らで、時の過ぎ行くままに焼きがまわり真摯に考える力を失ったのでありましょうか。

自法愛染は判断の誤り、すなわち後に言行不一致となって現れ、不信の波は広がるばかり。最善と思うところは、実はそう思ったのは自分だけだったということは、よくあるところ。海の向こうは知らず、失敗を悟ったならば、いさぎよく非を認めた方が解決は速い。勇気と決断、素直さがあれば立ち直りは速いはずが、もはや老いてはそれも叶わず。二老兵は去らず、ただいたずらに声あらげることのむなしさよ。

Line01_3

 

| | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

目的あれば迷いなし

101123b

Line01

わがままに筋の通らない非難すれば、やがて火の粉はわが身にふりかかる。北朝鮮は、かって高校授業料の無償化の適用除外は、
民族差別だ、と言って断固抗議すると言っていたけれども、日本が無償化適用を決め、事実と倫理に反する教科書の改訂と、支援金が確かに授業料に当てられているかどうかの透明化をもとめたら、こんどは、「条件つき無償化は民族差別だ」 と、またしても断固拒否すると言っている。

国家はよりどころである。朝鮮総連の傘下にある人たちのよりどころとも、また祖国にあるであろう。

広い意味でその人たちを含めて、日本の国家の一員とみるならば、国家のなすことについて、国外からの内政干渉による圧力は不当なものだ。

けれども、朝鮮学校が自国の生徒に祖国からの思想教育を行うことは、それが日本の教育あるいは感情と相容れないものであっても、それはそれで、互いに主権を尊重すれば許容されるべきものであろう。

無償化の賛否が乱れるのは、国の政策として何のために行うのか、という目的を明確にしていないことに、問題がある気がしている。

Line01_2

 

| | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

感情に訴えても痛くも痒くも

101114b

Line01

尖閣諸島沖での中国船衝突のビデオ映像を日本が非公開としているのは、仙石官房長官の指示で中国に行った細野議員が公開しないと約束して帰ってきたもの、と過日、読売新聞が報道している。

政府はまったくその事実はないと否定している。予算委員会の答弁でも菅首相は、細野議員から、”直接”話しを聞いておりません、と答えた。
これは間接的には聞いた、ともとれる発言だった。

APECでの胡主席との会談では、ビデオ映像流出は、政府が”意図的流出”させたものではないので説明の必要はないので話題にしなかった、という福山副官房長官の話しが伝えられているが、”意図的流出”というの言質そのものが、約束があったことを物語っているようにも聞こえる。中国と約束があったとしても、中国流に考えれば、細野議員個人の約束を政府が守らなければならない理由はない

11月13日の日露首脳会談では、
大統領が国後島を訪問したことは、わが国の立場、そして日本国民の感情から受け入れられない。
と菅首相はのべたという。

この言葉は、前にも聞いたことがある。官僚の作文だろうか。
正しい論理を主張しないで、”立場”とか、”国民の感情”とか、ひとごとのようなあいまいで主体性のない言葉は、日本は本気ではない、と取られるのも当然。少しも効き目はなく、かえって国益を毀損しているのが残念だ。トップに立つものが、消極的では、世情は、沈むばかり。


Line01_2

 

| | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

意味不明な事実の真相

101107b

Line01

ビデオ映像流出の問題で、中国外務省はつぎのように言っています。
「日本の行為自体が違法、いわゆるビデオ映像でこうした事実の真相を変えることはできず、日本側の行為の違法性は隠せない」

暗にビデオ映像の事実を認めた形ですが、そのことは言わず、行為自体が何を指すのかも言っていません。
違法を違法とも思わない、その中国が違法という言葉を臆面もなく2度も使って強調しました。日本は、違法と事実、真相という言葉に弱い。隠すことかけては、なんでもする中国、日本は隠すことが下手だと笑っている。「
日本の行為自体」という広い意味をもたせた言葉を意識して使っているようです。


「中国の行為自体が不純で悪質、いわゆる恫喝的言動でこうした事実の真相を曲げることはできず、中国側の行為の不当性は隠せない」

Line01_2

 

| | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

欲しくない国益

101031b

Line01

かって韓国の反日デモに参加し、日本大使館に向かってこぶしをあげた、現在の国家公安委員長岡崎トミ子氏は、人間の尊厳という言葉がいたく気にいったようだ。人間の尊厳を回復したい。と国会において、質問には答えず、何度も同じ答弁をくり返されていた。
人間の尊厳とは、何であろうか。戦後補償によって、人間の尊厳が回復できるものであろうか。

生命創造の偉大なるメカニズムによって、人間は、遥か遠い祖先より、受け継がれてきた生命体なのだ。人は、この世に生をうけ、その時から、ひとしく生命の尊厳を有し、かつ平等である。優れていた脳も病に倒れれば幼稚化するし、若くしても時には落とし穴に落ちることもある。あやまちで罪を犯すこともあるであろう。

しかし、輝きをなくしても、いかに汚れていようとも、人類の同胞として、個々の人間の尊厳は、失なわれることはない。すなわち人間の尊厳は、その人の個性に左右されず、不変であると考える。死してのちも人の尊厳は厳然として遺るのである。人は滅すれば、仏になるという日本人の考え方は、根底において、人の尊厳さを象徴していると思う。人間の尊厳は、それ自体、人の判断によって取り上げることはできない。また、大それて与える権限ももたいものであろう。加えて、人間の尊厳という言葉でもって、自論の正当性の優位性を得られるものでもない。他論を非難できるというものでもない。

人間の尊厳を回復したい、と叫ぶ、そのような逆上した行動は、往々にして、思いあがりである。一方的な言い分だけとりあげ、他方の確かな証拠もないことに目をつぶっていることは、人間の尊厳の冒涜であることに、氏は気づいていない。

岡崎氏は、自身の行動が国益に資するものだ、と反論しているけれども、そのようなことで国益が生まれるはずはない。よしんば、国益に資することがあったとしても、日本の国の名誉をきずつけ、卑屈になって得られる国益など、私は欲しくない。

岡崎氏のその行動が、国益のためであったと言うならば、それは韓国の人たちを利用したということであり、裏切りにもなりかねず、もはや純粋な善意にはなりえない。なぜなら、戦後補償という名の金銭で回復しようとする心は、上からの目線である。また、その人たちの名誉を汚すことにもなりかねないからである。どうか、目をさまして欲しい。

Line01_2

 

| | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

不可解な誤解と反省

101024b

Line01

反省という言葉は、自らのあやまちを認めるときに使うけれども、ひとから非難されたときの自己弁護には、使用しない。
国家公安委員長の岡崎トミ子氏は、韓国の日本大使館まえでの自らの反日行動を予算委員会で、ただされたとき、

  「誤解を受けた、ということについて反省をいたしております」
と答弁しました。このとき、拍手が起きたけれども、どこが拍手に値するのかわかりません。なぜかと言うと、誤解の意味も、反省の意味も分からない上に自分の行動に対してではなく、”受けた”という受身なことに対して反省という言葉は照応しないからです。誤解されたなら、正すべく抗議すべきで、反省はないのです。

誤解を受けた、という紛らわしい言葉と、反省という言葉をつかって、聞く者をあたかも反省しているように見事にごまかされました。

後日、10月22日の法務委委員会で、実は何も反省していなかったことが、稲田朋美さんによって明らかにされました。

行動そのものについては、自らの確信にもとづいて行ったことには、今も変わりなく、反日と見られたことを反省しているということでした。韓国の反日デモへの参加は、紛れもなく反日行動であり、それは誤解ではなく、衆目の一致する事実です。ご自身の行動に対する反省はないのです。ですから、氏の言われた、反省という言葉は意味をもちません。あわれむべきは、何かが欠落した結果、かたくなに一方に走らせることにあります。

Line01_2

 

| | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

見誤った閉塞感

101017b

Line01

20年来の閉塞感なんて、ありはしなかったと思います。いつだって抜け道は、そこにあったんだと思います。平穏な道より、困難がある方が緊張があって勉強のしがいがあるというものです。

ときには閉塞感があるかも知れませんが、いくらなんでも20年はないでしょう。20年来の閉塞感と、とらえているのならその覇気のなさは、自閉症にかかっているのかも知れません。

外圧や内圧を閉塞感と感じるなら、それは政治家に向いていないのではないか、と思ってしまいます。外圧も内圧もないよりは、あった方がいいです。刺激がなかったら、何も起こりはしないし、思考も停止します。

平穏無事をめざすあまり、外圧、内圧にたいしてなんとかして、それをかわそうとする、いわばかっこよく見せようとする弱腰ではだめです。なぜに、深く考え抜いた対抗する強力な自論を展開しないのか。

かって、田中角栄が死ぬ覚悟で中国にのり込んで、頑として自論を展開し、言いなりにはならず反論したことが、結局相手から信頼できる男と認められたのは、有名な話として聞いています。それは結果として、毛沢東にけんかは終わりましたか、と言わせたところによく表れていると思います。

Line01_2

 

| | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

庶民の代弁に喝采

101010b

Line01

流れる霧が一瞬に晴れるように、かって、こんなに分かりやすく説明してくれた人は、いませんでした。衆議院の本会議で代表質問に立った稲田朋美さんは、つぎのように言っています。

領土に関わる問題について、中国が努力するとか、譲歩するとかいうことはあり得ません。なぜなら、中国は、尖閣諸島を間違って自国のの領土と思ってしまったのではなく、日本の領土と知りながら実行支配しようとしているからです。

頭の中では分かっているつもりでも、言葉となっては中々でてきません。簡単明瞭に言い当てられたこの言葉は、庶民の代弁のような気がします。
いま、嫌疑不十分なものは、どこまでも不十分、密室でなされたことは迷宮であり、明らかになることは、ほとんど期待できない中で、このような明快な論旨にであうことは、すばらしいです。

かって、予算委員会の答弁で、亀井静香大臣をして、かねがね稲田議員の論旨には一目置いていた、と言わしめたことがあります。これも、衆目の一致した代弁であったような気がします。

Line01_2

 

| | トラックバック (0)